jump to navigation

Hiroshima, Nagasaki and Pearl Harbor August 7, 2010

Posted by TAMAGAWABOAT in B-29, Blogroll, History, Japan, Japanese, Nanking Massacre, Rape of Nanking, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , ,
12 comments

65 years ago today, for the first time in the history of humankind, the nuclear weapon was used against innocent civilians by America.  65 years ago today was Monday. At 1:30 am, early on Monday morning, August 6th in 1945, America’s B-29 bomber, the Enola Gay left Tinian Island in the western Pacific. At 8:05 am, the Enola Gay reached the sky over Hiroshima. 10 minutes later, at 8:15 am, the Enola Gay dropped the world’s first atomic bomb on the center of Hiroshima which had a population of 350,000.

We should focus attention on the day and time when America dropped the atomic bomb. 8:15 am. and Monday morning… Why did the Enola Gay carry out the world’s first atomic bombing at 8:15 a.m.? Why did the Enola Gay drop the atomic bomb on Monday morning? American Army knew Japanese schools held morning meetings on Monday morning. 8:15 on Monday was the time that schools started morning meetings. American Army knew school children would round up in schoolyards for morning meetings at 8:15 am. Therefore, American Army set the time of dropping the world’s first atomic bomb at 8:15 am, on Monday, August 6th. For what? To kill Japanese school children efficiently and to crush all hope in Japan’s future. As a result of America’s atomic bombing, 140,000 people out of 350,000 citizens of then Hiroshima died. Most of 140,000 people were children, women and elderly people. They suffered and suffered, and died in great agony. It is obvious that America carried out genocide against the Japanese people on the pretext of ending the war.

Only 3 days after the atomic bombing on Hiroshima, the world’s second atomic bomb caused the further humanitarian tragedy for innocent civilians of Nagasaki. American Army dropped new type of atomic bomb different from the bomb that they dropped on Hiroshima 3 days ago. 70,000 people out of 240,000 citizens of then Nagasaki died. While American Army dropped ‘uranium-type bomb’ on Hiroshima, they dropped ‘plutonium-type bomb’ on Nagasaki. America succeeded in developing two different types of atomic bombs. America carried out the experiment of two different types of atomic bombs on hundreds of thousands living human bodies in the confusion just before the end of the war.

Some people, especially Americans say, “The atomic bombings of Nagasaki and Hiroshima ended the war. These two atomic bombs saved millions of lives that would have been lost through a long lasting war.” This is delusive sophistry to justify America’s hideous crime against humanity. 

The people who believe that these two atomic bombs ended the war should recognize that America prolonged the war intending to drop atomic bombs on Japanese cities by presenting unacceptable terms of surrender against Japan. The people who believe that these two atomic bombs ended the war should recognize that there are rules even during wartime. America’s atomic bombing obviously violated the Hague Convention that prohibited attacks on civilians. The people who believe that these two atomic bombs ended the war should recognize that there are many people who still suffer atomic-bomb disease now, 65 years after the war. The people who believe that these two atomic bombs ended the war should recognize that there are the people who are called “children of atomic-bomb victims”. Why they who have no relationship with the war 65 years ago have to suffer atomic-bomb disease?

Atomic bombing is the worst war crime against humanity in human history. But American Presidents have never once visited Hiroshima or Nagasaki. No more Hiroshima, No more Nagasaki. Pearl Harbor once again!

August 6, 2010
TAMAGAWABOAT oyaji011.gif
To the top

Yasukuni Shrine – 1

65年前の今日、人類史上はじめて、アメリカによって核兵器が一般市民に使用されました。65年前の今日、1945年8月6日、月曜日早朝の午前1時30分、アメリカのB29爆撃機、エノラゲイは西太平洋上のテニアン島を飛び立ちました。。午前8時05分、エノラゲイは広島上空に到達、その10分後の8時15分、エノラゲイは35万人の人口を持つ広島の中心部に、世界ではじめての原子爆弾を投下しました。

私たちは、アメリカが原爆を投下した曜日と時刻に着目すべきです。8時15分、そして月曜日であったことを。なぜエノラゲイは8時15分に、世界最初の原爆を投下したのか?なぜエノラゲイは月曜日に原爆を投下したのか?を。アメリカ陸軍は、日本の学校が月曜日の朝に朝礼を行うのを知っていました。月曜日の8時15分という時刻は、学校が朝礼を始める時刻です。アメリカ陸軍は、午前8時15分には、生徒たちが朝礼のために校庭に出ることを知っていたのです。それゆえに、アメリカ陸軍は、世界最初の原爆投下時刻を8月6日月曜日の午前8時15分に設定したのでした。なんのためか?効率よく日本の子供たちを殺すためです。そして、日本の将来への望みを打ち砕くためでした。

アメリカの原爆投下の結果、当時の広島市民35万人のうち14万人が死にました。14万人のほとんどが子供たちであり、女性であり、お年寄りの人たちでした。彼らは苦しんで苦しんで、もがきながら死んでいきました。アメリカが、戦争終結を口実として、日本人を大量虐殺したことは明白なのです。

広島への原爆投下からわずか3日後、史上2番目の原爆が長崎の一般市民に対してさらなる非人道的な惨劇をもたらしました。アメリカ陸軍は3日前に広島に投下した爆弾とは異なった新型の原爆を投下したのです。当時の長崎の24万人の市民のうち7万人が亡くなりました。アメリカ陸軍は広島にウラン型原爆を投下する一方で、長崎にはプルトニウム型原爆を投下したのです。アメリカは2つの異なるタイプの原爆の開発に成功していたのです。アメリカは、終戦間際のどさくさに紛れて、数十万人の生きた人間に対して、この異なる2つのタイプの原子爆弾の人体実験を行ったのです。

ある人たちは言います。特にアメリカ人が言います。「広島・長崎への原爆投下が戦争を終わらせたのだ。この2つの原爆が、長引く戦争で亡くなったであろう数百万人の生命を救ったのだ」と。これは、アメリカの身の毛もよだつほど残忍で非人道的な犯罪を正当化するための欺瞞に満ちた詭弁なのです。

2つの原爆が戦争を終結させたと信じる人々は、アメリカが原爆を日本の都市に投下する目的で、故意に日本に受け入れ難い降伏条件を突きつけ、戦争を長引かせたことを理解すべきです。2つの原爆が戦争を終結させたと信じる人々は、戦時下においてさえ、守るべきルールが存在することを知るべきです。アメリカの原爆投下は明らかに、一般市民への攻撃を禁じたハーグ条約に違反します。2つの原爆が戦争を終結させたと信じる人々は、終戦から65年経った今なお、たくさんの人々が原爆症に苦しんでいることを知るべきです。2つの原爆が戦争を終結させたと信じる人々は、被爆2世と呼ばれる人々がいることを知るべきです。65年前の戦争とは関係のない彼らが、なぜ原爆症で苦しまなければならないのでしょうか。

原爆投下は、人類史上最悪の非人道的犯罪です。しかし、アメリカ大統領は一度たりとも広島や長崎を訪ねてはいません。ノーモア・ヒロシマ、ノーモア、ナガサキ。パールハーバー、ワンスアゲイン!

トップページから読む

%d bloggers like this: