jump to navigation

靖国神社-彼らは何のために死んだのか? August 18, 2010

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, History, Japan, Japan Bashing, racism, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , , , , ,
8 comments

この文は、私が終戦の日を前にして8月13日に、このブログにあげたYasukuni Shrine-3の日本語訳です。ある意図(英語圏の人でなく日本人にぜひ伝えたいという思いがあり、若干、文章を変更しています)があって、和訳の文章は英文とは別のページとしました。

私は、あるユーチューブのビデオを観ました。64回目の大東亜戦争(驚いたことに、アメリカでは大東亜戦争のことを太平洋戦争と呼ぶらしい。中国戦線やビルマ戦線も太平洋なのか?)の終戦の日にあたる昨年の8月15日、靖国神社にて、ピエール・パリゾというカナダ人(フランス系かな?)が田母神俊雄・元航空幕僚長に対して失礼な言葉をかけ、周囲にいた人たちとの間で、ちょっとしたいざかいを起こしたというビデオです。ピエール・パリゾ氏は、講演を終えてあるケーブルテレビのインタビューに答えていた田母神氏に対して、突然、挑発的な言葉を投げかけました。「あなたがドイツ人だったら、あなたは憲法違反で逮捕されますよ。それをどう思いますか?」と。田母神氏の講演を聞いていた何人かの日本人が、このパリゾ氏の田母神氏に対する失礼な言葉に怒りをあらわにしました。

私は、日本人がパリゾ氏に対して怒る気持ちはわかります。しかし、このカナダ人にただどなり散らす日本人たちの態度にも少々がっかりしました。というのも、このカナダ人は日本人を最初から挑発しようと思ってわざと田母神氏に失礼な言葉をかけたことを、周囲にいた人たちは理解すべきでした。(しかしながら、彼らはその挑発に乗ってしまったのです) そして、私たち日本人が理解すべきことは、日本に滞在する欧米人10人のうち9人以上が、靖国神社や田母神論文について、このカナダ人・パリゾ氏と同様な考え方を持っているという現実を理解すべきです。ピエール・パリゾ氏は、過去に2~3回ほどジャパン・タイムズ紙に、靖国神社について否定的な記事を書いています。ほとんどの欧米人たちが、特に連合国(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)の人々は、自分たちは65年前、非人道的な独裁国家と戦い、そして人々をそれから解放したのだといった、いわゆるステレオタイプを持っています。それゆえ、連合国の人々が持つ歴史観を否定したり、それに反論するような人が現れたりすると、彼らは、決まってパブロフの条件反射のごとく、歴史修正主義者としてレッテルを貼ろうとするのです。右翼という言葉は、外国メディアによって、日本における歴史修正主義者という言葉に代わって用いられる用語です。歴史観の異なる相手に対して、しきりに歴史修正主義者とか右翼といったレッテルを貼ろうとする欧米人のほとんどが、実は最初から、歴史について議論などしようなどとは願ってはいません。だからこそ、ピエール・パリゾ氏は田母神氏に失礼な言葉を吐いた後、わざと顔にニタニタと嘲るかのような笑みを浮かべ、そしてそそくさと靖国神社から逃げるように去っていったのです。このカナダ人の最初からの目的が、日本人たちをただただ怒らせるつもりで、挑発したかっただけだったのは明らかなのです。(彼らって、結構悪質です) それで彼は何を欲してこうした行為をとったと思いますか?それは日本人に対する優越感でした。

実は、私も、ほんの数年前まで、ピエール・パリゾ氏と同様に、己の無知からくる思い込みで靖国神社に対するある種のレッテルを貼っていました。私は、靖国について、毒が盛られ耳をつんざく迷惑な音を撒き散らす右翼の下品極まりない黒い街宣車のイメージを持っていました。しかしながら、はじめて靖国の遊就館に入り、戦争で亡くなった6千を超える方たちの遺影の前に立ち、そして、たくさんの人々が残していった遺書を丹念にひとつひとつ読んでいくにつれ、私は、彼らが何のために死んでいったのかを理解し、遺書の中に、光輝く「人間の尊厳」を見ました。これほど眩しい「人間の尊厳」をかつて見たことは今でもありません。日本人は「人間の尊厳」などといった言葉を日ごろ簡単に使いますが、生まれながらにして「人間の尊厳」なんてあるとは私は思いません。自分の身を投げ出してまで、自分を犠牲にしてまで、他の人間を救おうとする姿、その瞬間こそ、人間は尊厳で輝くのだと思いました。

いったい彼らは何のために死んだのでしょうか。もし、あなたも先に述べたような思い込みしか持たないとすると、たぶん、あなたは「彼らは天皇のために死んだ」と答えるでしょうが。靖国神社・遊就館には、家族に宛てたたくさんの遺書がありました。これらたくさんの遺書は、なぜ彼らが命を懸けて戦ったのか、彼らは何を必死に守ろうとしたのかを私たちにに語りかけてきます。彼らには、命を懸けるだけの価値のあるものがあったのです。命と引き換えにするだけの価値があるものが、実はあったのです。妻、娘、息子、母親、そしてふるさと。彼らは命を賭してでも守るべきもがあったのです。私は問いたい。今の日本人にそれがありますか?今の日本人に命を賭すだけの価値あるものがありますか?その覚悟がありますかと。たとえ、戦場で「天皇陛下、ばんざい」と叫んで死んだとしても、彼らの最後の瞬間まで、いつも彼らの心と一緒にいたのは家族だったのです。そして最も私たちにとって重要なことは、これらの遺書は、日本の未来を将来の世代に託して死んでいったことです。死を決意し壮絶な想いで書き記した言葉と文字、それらは、どんな言葉よりも重いのです。彼らは日本の未来を、今に生きる私たちに託して逝ったのです。ですから、当然、命を懸けてこの国を守ろうとした人々の遺志を無視することは、決してあってはならないのです。しかしながら、日本のために人々が、今日の日本の有様を見たらどう思うでしょうか。子供が親を殺し、金と女に溺れる腐敗しきった政治家、そんな心の腐りきった社会のあり様を見たとしたら、きっと彼らはどんなにか嘆き悲しむことでしょう。今日の日本社会の堕落ぶり、日本人が終戦以来、ずっと靖国神社に背を向けてきた65年間の結果なのです。私自身、6年前、靖国神社にはじめて訪ね、そして自分がいかにそれまで感謝知らずの人間であったかを悟りました。

いま日本の政治の世界では、永住外国人に投票権を与えるべきか否かが議論を呼んでいます。私は日本政府にぜひ提案したい。私利私欲に駆られて日本にやってきた外国人に投票権を与える以前に、まずは優先的に靖国神社に英霊として祀られている2,466,532名の方々に投票権を与えるべきだと。私たちは決して忘れてはなりません。日本のために亡くなった2,466,532名の方々は、今を生きる私たちに、この日本を託したことを。私たち日本人は彼らの遺志に忠実に応える義務があるのです。そして、もうすぐ65回目の大東亜戦争の終戦の日がやってきます。靖国神社へ参拝の際には、ぜひ遊就館を訪ね、遺書を通じて彼らの想いに接していただければと思います。

TAMAGAWABOAT
トップページから読む

Yasukuni Shrine-3
駅前のアヘン売人、パチンコ店を排除せよ 

Yasukuni Shrine – 2 September 20, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , , , , , , , ,
6 comments


http://youtube.com/watch?v=Hx1Qnh-wNq0

The first time that I visited Yasukuni Srine was 2004 4 years ago. My friend invited me to go to Yasukuni Shrine for Hatsumode (new year’s visit to a shrine) on 2004 New Year’s Eve. Before visiting Yasukuni Shrine, I had a skewed image of Yasukuni Shrine. For example, I had an image of Yasukuni Shrine as militarism or Uyoku (right wing).

However, while seeing a lot of portraits of the people who fought very hard to protect their loved one and died in the war, and while reading a lot of farewell notes addressed to their mothers or their wives or their children. I understood so well that many people sacrificed their lives for their loved one. I understood so well that many people died for future Japan, 63 years ago. In every farewell note, everybody said the same thing, “I’ll meet you at Yasukuni Shrine even if I depart from this life. Come and see me.” I thought it was a matter of common sense for the Japanese people to visit Yasukuni Shrine and to thank ‘the spirits of the war dead’ for their fighting. Because many people became to the cornerstone for present-day Japan’s peace and prosperity.

In present-day Japan, however, there are many Japanese people who have the same skewed image of Yasukuni Shrine as I had before visiting there. There are many Japanese Diet lawmakers who decline to visit Yasukuni Shrine. And more, there are some Japanese Diet lawmakers who attempt to blaspheme against ‘the spirits of the war dead’. They are thankless fellows. They are traitors. Many people who fought and died for the defense of our Japan said that they would wait for us at Yasukuni Shrine. We Japanese must hold our promise with the people who gave their lives for our Japan.

僕は4年前に友達から初詣に誘われて初めて靖国神社に行きました。2004年大晦日の夜のことでした。それまで靖国神社は軍国主義の神社で、灰色の右翼の街宣車に乗った黒いサングラスをかけた怖そうなお兄さんたちが行くような場所だと思っていました。

しかしながら、靖国神社の遊就館で戦争で亡くなられた方たちの手紙や遺品、お一人お一 人のお写真を拝見しているうちに、アメリカに追い詰められ、存亡の危機にあった日本を守るため、愛する家族や妻や恋人を守るために、必死に戦って亡くなっていかれた幾多の人々の思いに接しました。「お母さん、自分はたとえ死んでも、靖国に私の魂はあります。靖国でお会いできますよね」と言って戦地に赴いた多くの日本人たち・・・。僕は、日本人であれば靖国神社に参って亡くなった人たちに感謝することは、きわめて 自然なことだと思うようになりました。なぜなら、いまの平和な日本があるのは、必死に戦って死んでいった幾多の人たちのお陰だからです。

靖国神社を非難する人の多くが「靖国神社にはA級戦犯が祀られているから・・・」という理由を挙げます。しかしながら、その理由以前に、日本という国に命を捧げた250万 あまりの日本の兵隊さんに、なぜ素直に感謝や慰霊の言葉を捧げることができないのでしょうか?A級戦犯が合祀されていることを盾に靖国神社そのものを否定しようとする人々は、論理的な思考の欠如以前に、「人」としての「情」というものが欠落していると思います。僕も靖国神社へ初詣に行くまでは靖国神社を歪んだ眼で見ていました。実は、僕自身さえも反日の日本人だったのです。

「靖国神社にはA級戦犯が祀られているから・・・靖国参拝はすべきではない」というステレオタイプ。実はこれこそが、日本のマスメディアが作り上げ広く日本人たちの認識の中に刷り込んでいった一種の洗脳であることに、賢明な日本人は早く気付くべきであると思います。日本のマスメディアは「靖国神社」というイメージを、僕が靖国神社の遊就館を訪ねる以前に抱いていた「軍国主義」とか「A級戦犯」とか「右翼」といった言葉とイメージで歪めてきました。日本人ひとりひとりが靖国神社を自分の足でゆっくりと散策し、そして遊就館に掲げてある無数の遺影を眺め遺書をひとつひとつ丁寧に読み込むことをお薦めします。「なぜ、彼らは逝ったのか!?」をご自分なりに考えながら・・・。 彼らの遺書ひとつひとつが彼らの愛する者たちだけに向けられた言葉ではなく、現代に生きる日本人たち、すなわち自分に向けられたメッセージでもあるのだ・・・と僕は受け取りました。彼らは口々に「いまの日本をよろしく頼むぞ!」と言っているように思いました。

多くの日本人が「靖国神社で会おう」と言って戦場で散っていきました。63年前に日本のために戦った多くの日本人たちとの約束も果たせない現代の日本人たち。はっきり言って、こいつらは恩知らずです。裏切り者です。死んだ人たちとの約束も果たせない国会議員たちが、はたして国民との約束を果たすことができるでしょうか?彼らは、そもそもが裏切り者であり、彼らを信頼することは危険なのです。

靖国神社にいわゆるA級戦犯が祀られていることを理由に、靖国参拝を拒否する恩知らず・裏切り者の面々。マスメディアが作りあげたステレオタイプに染まってしまって、それに一遍の疑問も抱くことのない単純な脳細胞しか持たない愚か者。彼らはその洗脳から抜け出せなくて、未だに「いわゆるA級戦犯たちが63年前の惨禍を日本にもたらした責任がある」と非難しています。彼らはよほど自分の頭で物事を考えるという訓練がなされていません。果たして、この卑怯で恩知らずで裏切り者である彼らたちに、いわゆるA級戦犯となった政治家・軍人たちほどの技量や資質、道徳が備わっているというのでしょうか。

いい歳しながら、マンガ読んだり、プラモデル作っているような脳細胞の未発達な連中に、いわゆるA級戦犯になった人々を非難する資格すら、そもそも無いのです。東條英機をはじめA級戦犯となり亡くなった人々は、彼らより、遥かに立派な教養と人間性を備えていたのです。石破茂や石原伸晃のようなヌケ作・田吾作の面々は、A級戦犯になられた人々の足元にも及びません。彼らはA級戦犯になられた人たちの足の爪の垢でも有り難くいただいて、煎じて飲むとよいのです。

僕は今年の7月に西村幸祐さん編集の「8・15と靖国の真実」と題するムック本に「Kと伏竜」というタイトルで文を寄せさせていただきました。Kは僕の親しい友人で、彼との付き合いは10数年にもなります。そのKが、2004年の大晦日に僕をはじめて靖国神社へ誘ってくれました。その時、Kは僕に熱心に「伏竜特攻隊」について語ってくれました。Kが亡くなったことを知ったのは、西村さんから原稿を依頼していただいた数日後のことでした。Kの妹さんからの電話でそれを知らされました。妹さんは、Kの携帯電話の着信記録から僕の電話番号を見つけたそうです。その2ヶ月ほど以前に、彼はひとりきりで東京のマンションでふたたび帰らぬ人となっており、音信が途絶えたKを田舎から東京のマンションを訪ねて初めてKが発見されたとのことでした。その後、僕は「Kと伏竜」について約2日間で書き上げ、そしてこの「8・15と靖国の真実」に文を寄せました。06年の夏に、僕が自分のビデオカメラで撮影したYASUKUNIのビデオをYouTubeにアップロードした際に、Kは「千鳥が淵に浮かぶゆらゆらとした灯ろうの列、なんだかいつまでも眺めていたい気分になる」と感想を言っていたことを今でも思い出します。いまの日本の現状・・・果たして、63年前に日本という国を想いながら散って逝った人々は、現代の日本をどう見ているのでしょうか?ひとりの若者が誰からも知られずこの世から姿を消してゆく・・・こんな殺伐とした日本にするために63年前に多くの日本人が命を捧げたのではなかったはずです。

TAMAGAWABOAT oyaji011.gif
To the top

Yasukuni Shrine – 3 what did they die for?
Yasukuni Shrine – 1

靖国神社遊就館・人類の歴史とは戦争の歴史である August 10, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll.
Tags: , , , , , , , , , , , , ,
3 comments

言うまでもなく、人類の歴史とは戦争の歴史である。
人類の歴史の中で「平和」は一時(いっとき)のことであり、
人類の時間の大部分を戦争が占めてきた。

人類の歴史の大部分を占める戦争の結果は、
私たちが暮らす現代社会に直接的・間接的にに影響を及ぼしている。
現代日本の成り立ちの根幹には、63年前の戦争の結果がある。

であれば、
63年前に何が起こったのか、どういった経緯で、
なぜ起こり、その末路には何があったのかを正確に知ることは、
現代日本の成り立ちの根幹を知ることである。
それを知らない者は、
現在のいまの日本社会を語ることすら不可能とも言えるのだ。

靖国神社の遊就館は、
近代の日本が欧米列強といかに戦ったかを伝えている。
有色人種である日本が、いかに欧米列強に虐められ、
それに対抗して、日本人がいかに果敢に闘ったか・・・
それを知る資料を提供してくれる。

靖国神社の遊就館に入ったこともなく、
ただ背を向け、否定的に語る人たちは、
実は、日本の近代の歴史を直視できない人たちである。
日本の近代、いや世界の近代は戦争の世紀だったからである。

日本の近代は、欧米列強の帝国主義に屈せず、
対抗していった歴史であり、その過程があったからこそ、
いまの日本があるのだ。

靖国神社の遊就館に入ったこともなく、
中国・韓国の嘘話を間に受け、彼らに見せかけ倒しの同情を表明する人は、
自分が「白人」になったかのような勘違いをした、
高所から見下ろそうとする傲慢な偽善者である。

日本の近代史も知らない人が国会議員にいる。
日本の近代史も知らない人がマスメディアにいる。
現代日本の成り立ちを知らずして、
どうして今の社会現象を論評したり、日本の政治的判断、
外交的判断をしたりできようか。
無知・無学な人たちに日本の舵取りを任せるのは非常に危険である。

靖国神社・反日ストーカー(anti-Japanese stalkers) を撃退するための問答集:

A:「侵略戦争を正当化するな」
B:「あの戦争を侵略とレッテルを貼るな。歴史的事実を直視できない愚か者ほど、時の権力者が吹聴するデマに扇動され洗脳され、その結果、ステレオ・タイプに陥りやすい」

A:「日本は加害者として反省せよ」
B:「戦争とは、両者双方が加害者でもあり被害者でもあるのだ。勝手に被害者になるな」

A:「日中韓では、歴史観が違う」
B:「その観(view, perspective)とは何か?日中韓で起きている問題は歴史観ではない。歴史の事実そのものが異なっている。どちらかが事実とは異なる歴史を捏造していると考えるべし。ゆえに歴史観という言葉は不適切だ。歴史は捏造は許されるのか?当然ながら、歴史を捏造するものは悪であり、許すべきではない」

A:「帝国主義・植民地支配を正当化するな」
B:「植民地とは何か説明せよ。植民地とは、搾取・収奪が一方的に行われたか否かによって問われるべきであり、その場合、宗主国(colonial master)と植民地の間の経済的収支が黒字・赤字を厳密に精査することが必要である。さらには、それをいまさら蒸し返して何をしたいのか?」

A:「軍国主義を復活させるな」
B:「軍国主義とは何か説明せよ。意味もわからず勝手な造語を使うな。あなたが軍国主義ではないと思う国を列挙してみなさい」

A:「歴史を美化するな」
B:「わざわざ捏造を加えて醜く描く必要もなかろう。あなたが事実を美化したと感じるならば、あなたにとって、その事実が眩く見えたにすぎない」

書き終わったあと、結構、自分ながら乱暴すぎたかなとも反省する。(笑)


http://jp.youtube.com/watch?v=Hx1Qnh-wNq0

 
 西村幸祐編集
 8・15 靖国の真実 (オークラ出版)

関連  靖国神社-彼らは何のために死んだのか?
    日の丸・君が代
    証言は必ずしも証拠ではない – 南京大虐殺
           田母神論文-これは誰かの策略なのか
           田母神論文-侵略か否かにこだわるほど自虐史観

TAMAGAWABOAT oyaji-beer1.gif
トップページから読む

%d bloggers like this: