jump to navigation

靖国神社-彼らは何のために死んだのか? August 18, 2010

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, History, Japan, Japan Bashing, racism, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , , , , ,
8 comments

この文は、私が終戦の日を前にして8月13日に、このブログにあげたYasukuni Shrine-3の日本語訳です。ある意図(英語圏の人でなく日本人にぜひ伝えたいという思いがあり、若干、文章を変更しています)があって、和訳の文章は英文とは別のページとしました。

私は、あるユーチューブのビデオを観ました。64回目の大東亜戦争(驚いたことに、アメリカでは大東亜戦争のことを太平洋戦争と呼ぶらしい。中国戦線やビルマ戦線も太平洋なのか?)の終戦の日にあたる昨年の8月15日、靖国神社にて、ピエール・パリゾというカナダ人(フランス系かな?)が田母神俊雄・元航空幕僚長に対して失礼な言葉をかけ、周囲にいた人たちとの間で、ちょっとしたいざかいを起こしたというビデオです。ピエール・パリゾ氏は、講演を終えてあるケーブルテレビのインタビューに答えていた田母神氏に対して、突然、挑発的な言葉を投げかけました。「あなたがドイツ人だったら、あなたは憲法違反で逮捕されますよ。それをどう思いますか?」と。田母神氏の講演を聞いていた何人かの日本人が、このパリゾ氏の田母神氏に対する失礼な言葉に怒りをあらわにしました。

私は、日本人がパリゾ氏に対して怒る気持ちはわかります。しかし、このカナダ人にただどなり散らす日本人たちの態度にも少々がっかりしました。というのも、このカナダ人は日本人を最初から挑発しようと思ってわざと田母神氏に失礼な言葉をかけたことを、周囲にいた人たちは理解すべきでした。(しかしながら、彼らはその挑発に乗ってしまったのです) そして、私たち日本人が理解すべきことは、日本に滞在する欧米人10人のうち9人以上が、靖国神社や田母神論文について、このカナダ人・パリゾ氏と同様な考え方を持っているという現実を理解すべきです。ピエール・パリゾ氏は、過去に2~3回ほどジャパン・タイムズ紙に、靖国神社について否定的な記事を書いています。ほとんどの欧米人たちが、特に連合国(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)の人々は、自分たちは65年前、非人道的な独裁国家と戦い、そして人々をそれから解放したのだといった、いわゆるステレオタイプを持っています。それゆえ、連合国の人々が持つ歴史観を否定したり、それに反論するような人が現れたりすると、彼らは、決まってパブロフの条件反射のごとく、歴史修正主義者としてレッテルを貼ろうとするのです。右翼という言葉は、外国メディアによって、日本における歴史修正主義者という言葉に代わって用いられる用語です。歴史観の異なる相手に対して、しきりに歴史修正主義者とか右翼といったレッテルを貼ろうとする欧米人のほとんどが、実は最初から、歴史について議論などしようなどとは願ってはいません。だからこそ、ピエール・パリゾ氏は田母神氏に失礼な言葉を吐いた後、わざと顔にニタニタと嘲るかのような笑みを浮かべ、そしてそそくさと靖国神社から逃げるように去っていったのです。このカナダ人の最初からの目的が、日本人たちをただただ怒らせるつもりで、挑発したかっただけだったのは明らかなのです。(彼らって、結構悪質です) それで彼は何を欲してこうした行為をとったと思いますか?それは日本人に対する優越感でした。

実は、私も、ほんの数年前まで、ピエール・パリゾ氏と同様に、己の無知からくる思い込みで靖国神社に対するある種のレッテルを貼っていました。私は、靖国について、毒が盛られ耳をつんざく迷惑な音を撒き散らす右翼の下品極まりない黒い街宣車のイメージを持っていました。しかしながら、はじめて靖国の遊就館に入り、戦争で亡くなった6千を超える方たちの遺影の前に立ち、そして、たくさんの人々が残していった遺書を丹念にひとつひとつ読んでいくにつれ、私は、彼らが何のために死んでいったのかを理解し、遺書の中に、光輝く「人間の尊厳」を見ました。これほど眩しい「人間の尊厳」をかつて見たことは今でもありません。日本人は「人間の尊厳」などといった言葉を日ごろ簡単に使いますが、生まれながらにして「人間の尊厳」なんてあるとは私は思いません。自分の身を投げ出してまで、自分を犠牲にしてまで、他の人間を救おうとする姿、その瞬間こそ、人間は尊厳で輝くのだと思いました。

いったい彼らは何のために死んだのでしょうか。もし、あなたも先に述べたような思い込みしか持たないとすると、たぶん、あなたは「彼らは天皇のために死んだ」と答えるでしょうが。靖国神社・遊就館には、家族に宛てたたくさんの遺書がありました。これらたくさんの遺書は、なぜ彼らが命を懸けて戦ったのか、彼らは何を必死に守ろうとしたのかを私たちにに語りかけてきます。彼らには、命を懸けるだけの価値のあるものがあったのです。命と引き換えにするだけの価値があるものが、実はあったのです。妻、娘、息子、母親、そしてふるさと。彼らは命を賭してでも守るべきもがあったのです。私は問いたい。今の日本人にそれがありますか?今の日本人に命を賭すだけの価値あるものがありますか?その覚悟がありますかと。たとえ、戦場で「天皇陛下、ばんざい」と叫んで死んだとしても、彼らの最後の瞬間まで、いつも彼らの心と一緒にいたのは家族だったのです。そして最も私たちにとって重要なことは、これらの遺書は、日本の未来を将来の世代に託して死んでいったことです。死を決意し壮絶な想いで書き記した言葉と文字、それらは、どんな言葉よりも重いのです。彼らは日本の未来を、今に生きる私たちに託して逝ったのです。ですから、当然、命を懸けてこの国を守ろうとした人々の遺志を無視することは、決してあってはならないのです。しかしながら、日本のために人々が、今日の日本の有様を見たらどう思うでしょうか。子供が親を殺し、金と女に溺れる腐敗しきった政治家、そんな心の腐りきった社会のあり様を見たとしたら、きっと彼らはどんなにか嘆き悲しむことでしょう。今日の日本社会の堕落ぶり、日本人が終戦以来、ずっと靖国神社に背を向けてきた65年間の結果なのです。私自身、6年前、靖国神社にはじめて訪ね、そして自分がいかにそれまで感謝知らずの人間であったかを悟りました。

いま日本の政治の世界では、永住外国人に投票権を与えるべきか否かが議論を呼んでいます。私は日本政府にぜひ提案したい。私利私欲に駆られて日本にやってきた外国人に投票権を与える以前に、まずは優先的に靖国神社に英霊として祀られている2,466,532名の方々に投票権を与えるべきだと。私たちは決して忘れてはなりません。日本のために亡くなった2,466,532名の方々は、今を生きる私たちに、この日本を託したことを。私たち日本人は彼らの遺志に忠実に応える義務があるのです。そして、もうすぐ65回目の大東亜戦争の終戦の日がやってきます。靖国神社へ参拝の際には、ぜひ遊就館を訪ね、遺書を通じて彼らの想いに接していただければと思います。

TAMAGAWABOAT
トップページから読む

Yasukuni Shrine-3
駅前のアヘン売人、パチンコ店を排除せよ 

チベットに学ぶ民族自決権の尊さと外国人参政権の危険性 April 6, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, Japan, racism, TIBET, TIBET UPRISING, Yasukuni.
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,
5 comments

フランスをはじめとする欧米各国は、中国政府のチベットでの一連の出来事を「人権侵害」として非難している。案の定、今回も日本人たちのチベットについての言動は「人権侵害」一色に染まってしまった。日本人が留意すべきことは、欧米が「チベットは中国の不可分の領土」と言い、チベット問題をチベット人の民族自決とは切り離して人権問題にすりかえていることだ。何?ダライ・ラマ14世は独立を求めていないだって?独立を求めないのに、どうしてチベット亡命政府が存在するのか?チベット人の目標はあくまでも中国からの独立なのである。民族自決権という世界の価値基準からしても、チベット人は自分の国を持つ当然の権利がある。

欧米は、コソボなどといった人口200万人・面積1万平方メートル(四国の面積は1万8千平方メートル)の国の独立を今年の2月に承認したばかり。しかしながら、チベット民族は中国国内だけでも540万人を数え、面積はチベット自治区だけでも122万平方メートル、もとのチベット王国の面積はその倍であった。しかしながら、欧米はチベット問題をチベット人の民族自決とは切り離して人権問題にすりかえている。なぜか?欧米の主要国は、アジア・アフリカを植民地として支配してきた歴史を持っている。白人同士の民族自決は認めても、アジア・アフリカ系の有色人種の民族自決は認めない、もしくは関心がないのだ。フランスは特に、いまでさえも南太平洋にタヒチなどポリネシア諸島を植民地として持っている。フランスは95年、ここを核実験場として使用し放射能を撒き散らし、多くのポリネシア人たちに健康被害をもたらした。奴らはたびたびダブルスタンダード(二重基準)を用いる。欧米人の発想の原理には、無意識ながらにも常に白人至上主義が存在している。日本人はこうした欧米の言論に振り回されず、チベット人を同じアジア人として独自の視点で世界の動向をみるべきだ。であれば、いまチベットで行われていることを「人権侵害」なんて表現してはいけない。いまチベットで行われていることは民族浄化(ethnic cleansing)であり、それに伴うジェノサイドなのである。これらの言葉は、98年に起こったコソボ紛争時に欧米メディアによって盛んに使用されたことを思い出してほしい。日本のメディアまでもが、民族浄化のことを欧米メディアが発する用語を用いて「エスニック・クレンジング」など呼んでいたことを憶えておられる日本人もたくさんいるだろう。実は驚くことに、わずか10年前まで、日本語には「民族浄化」という単語すらなかったのである。

民族浄化・・・いま中国共産党によって、チベット民族そのものを滅ぼそうとする極悪で非道な行為が進行している。1950年にチベットが中国共産党によって侵略され、チベット人が民族としての当然の権利であった民族自決権を剥奪され、そして、それ以来、128万人もの凄まじい数のチベット人の命が奪われた。そして、その悲劇は今なお続いている。日本人は気づくべきだ。なぜ、多くの左翼系の人間がチベット問題を直視することを避けているのか?それは、多くの左翼系の中心となる人々が実は中国共産党の傀儡であり、そして、チベット問題が多くの日本人たちに「日本人としての民族意識」を呼び起こすことに気づいているからに他ならない。世界中で掲げられ振られている抗議のチベット国旗は「日の丸」であり、チベット人が手を合わせるダライ・ラマ14世は「天皇」の姿そのものである。

日教組の教師たちは「日の丸・君が代」に「軍国主義」という黒いインクを振りかけ、無垢な子供たちを「反日の日本人」として洗脳してきた。「天皇」を先の大戦の戦犯として侮辱することによって、日本人から「天皇」の存在を排除しようとしてきた。今これらと同質の人たちが、外国人参政権を強力に推進している。そして、外国人参政権に反対する者たちを「偏狭なナショナリズムだ!」と非難している。私はその人たちに問いたい。「それじゃ、偏狭ではなく寛容なナショナリズムって何ですか?」 これに返答できる左翼は実はひとりもいない。なぜか?彼らは心の底からマルクス主義や唯物論に傾倒なんてしていない。他国の傀儡か、ただただ舶来の思想にカブレているだけだ。ゆえに、彼らは自分で思考して練り上げた「自分自身の言葉」を持たない。だから、彼らはただただ自分の洋書の読書暦しか紹介できない。それが今の日本の学者の姿である。

いま在日韓国人・朝鮮人の団体や韓国の大統領にまで外国人参政権を要求されて、彼らの要求を満たすために奔走している政治家たちが日本にいる。日本人は、彼らが日本人の民族自決権を削ごうと企む人たちであり、彼らの行為そのものが「内政干渉」であり「侵略」であることに気づけ。そして絶対にそうした行為を許すな。彼らの言動はさまざまな詭弁を用いる。「真の国際化」とか「先進国として・・・」とか「いまEUでは・・・北欧では・・・」とか「グローバリゼーション」とか、彼らはありとあらゆる言葉を用いながら、一般の日本人を騙そうとする。彼らは一般の日本人が「欧米カブレ」であることを熟知している。彼らは日本人が欧米的なものに感化されやすいことをよく知っている。ゆえに、私はチベット問題に関連して、日本人の欧米的・白人的思考からの脱却と、欧米とは異なる日本人として思考が必要であることを訴えたわけである。保守系政治家たちがよく「日本は欧米社会と価値観を共有している」などと言う・・・はたしてそうか?よく考えてほしい。

日本人ひとりひとりの人権を守るためには、日本人の民族権を他民族の侵略から死守しようとする確固たる強い意思が必要である。いま議論されている外国人参政権は、日本人の民族自決権を侵すものとして徹底的に排除すべし・・・チベット人たちは自らの民族自決を取り戻すために、人民解放軍の戦車に対して石ころで抵抗している。自らの主権を命がけで守ろうとする・・その尊さをいまのチベット問題から学ぶべきだ。民族の独立が担保されてはじめて、人権は保証されるのだ。

http://youtube.com/watch?v=fsDYEXlCjQg

関連記事
日の丸・君が代
日本人がいくら憲法9条を誇っても、世界は誰も知らない
チベット大虐殺を人権侵害・人権弾圧と呼ぶな!
日本人とは何か(1)
日本人とは何か(2)

TAMAGAWABOAT 
トップページから読む

チベット大虐殺を人権侵害・人権弾圧と呼ぶな! March 26, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Japan, Nanking Massacre, Rape of Nanking, TIBET, TIBET UPRISING.
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
22 comments

tibet01.jpg人権、人権と日本人はよく口にする。人権という言葉に対してある種の進歩的なイメージを抱いてきたのじゃないか・・・そんな気がする。いま政界を騒がしている「人権擁護法案」にしたって、その法案を推進しようとしている人間たちは、なにかしら「人権」という捉えどころのない甘ったるい言葉で、人々の反対を寄せつけず、さらには「先進国として無くては恥ずかしい」とか「かけがえのない命」とか「人間の尊厳」などといった言葉で修飾し、終いには「ポスト・モダン」などといった言葉まで持ち出してきてた。何がポスト・モダンだ?何が人間の尊厳だ?推進している連中の顔をよく見りゃ、およそ尊厳とはほど遠い顔をした連中ばかりじゃないか。実際に「人権とは何か?」「人の権利とは何か?」と訊ねたところで自分で的確な言葉で表現もできず、ただただうろたえるばかり・・・「人間とは何か?」とか「人とは何か?」などといった究極的なテーマを深く考えたことがないと、そんなこと容易に答えることができるはずがない。法務省の100%の役人と99%以上の弁護士さんですら明確に回答できない・・・人権擁護法案の話はまた別の機会にお話するとして、チベット蜂起に伴う中国政府のチベット人虐殺の話をしよう。肝心の人権擁護法案推進派の人たちが不思議なことに沈黙している話題だ。

toture_in_tibet_02.jpgよくテレビや街頭でチベット虐殺で中国を非難している人々が口々に「中国はチベット人に対する人権弾圧をやめろ!人権侵害をやめろ!」と叫んでいる。しかしながら、私はずっと違和感を感じてきた。なぜならば、いまチベットで行われていることは、ほとんどの日本人が想像する「人権侵害・人権弾圧」とは、あまりにもかけ離れた行為が中国によって行われているからだ。中国は1950年以来、チ ベット民族の「民族自決権」を踏みにじり、「侵略」し「略奪」の限りを尽くしたあげく、チベット民族を 国家的・組織的に抹殺しようとしてきた。すでに中国は、128万人の無実のチベット人の命を奪い、人間の想像を超 えたところでの拷問・強姦・暴行をチベット民族に対して繰り返してきた。人を虫けらのように甚振って殺す行為や残酷な拷問・・・そうした行為は日本人が想 像する「人権侵害・人権弾圧」の領域を遥かに超えている。 さらには、生き残っているチベット人たちの男女に断種・避妊手術を強制し、民族としての種を根絶させようとしている。こんな行為を「人権侵害・人権弾圧」などと甘ったるい言葉で呼ぶな!中国がチベット人に対して行っている行為は、人にあらざるべき鬼畜の行いであり、同じ人間として許すことのできない人としての道から外れた「ジェノサイド」であり、「極悪非道の行い」である。ユダヤ人のホロコーストや(捏造された)南京大虐殺を指して誰が「人権侵害・人権弾圧」などと呼ぶであろうか。これらは極悪非道の残虐行為と呼ぶにふさわしい。これは人権の問題ではなく、人道の問題であり、人としての道から外れているからこそ「非道」なのである。This is NOT human right issue BUT humanitarian issue.

同じ人間として許すことのできない人としての道から外れた「極悪非道の行い」であれば、諸外国の中国への非難を「内政干渉」としてかわす理屈はまったく成り立たない。同じ人間ではあれば、人にあらざるべき「極悪非道の行い」に激しい憤りを感じ、中国を厳しく戒めて即刻やめさせるのが人の道である。われわれの想像を遥かに超える、目を覆うばかりの野蛮で冷酷な残虐行為・・・そうした行いが、同じ時間を共有する人々に向けられて行われている。そうした残虐行為を声を荒げてやめさせようとするのが人である。それができない人間には「人間の尊厳」など元から備わってはいない!

tibet_yoshirin.jpg

南京大虐殺に関心のある人は、ぜひチベット大虐殺と比較しながら残虐行為を検証していくべきだ。実は、虐殺の方法、人の苦しみをまるでねぶるかのような拷問のやり口、そして強姦・・・アイリス・チャンの書いた「ザ・レイプ・オブ・ナンキン(THE RAPE OF NANKING)」そのままである。私が言わんとするところは、これが日本人の想像を超えた漢民族のやり口であり、「ザ・レイプ・オブ・ナンキン」が漢民族の持つ残虐性を反映したものであったということである。実際に、1937年(昭和12年)7月29日に起きた通州事件(北京市通州区)でも、中国保安部隊が日本軍留守部隊約110名と婦女子を含む日本人居留民420名を襲撃し、チベット大虐殺と同様な残虐行為を行っている。さらに卑怯なことには、この通州事件における残虐な殺され方をした写真の多くが、中国の主張する南京大虐殺の証拠写真として用いられているのだ。生首が晒された写真、女性の局部に異物を差し込まれたままの死体の写真・・・これらの被害者は、実は日本人なのである。

rape_021.jpg中国共産党は、本来、日本人が被害者であるべき写真を「日本兵に虐殺された中国人」と称して、世界中にばら撒いてきた。南京大虐殺を「ホロコースト」などと過激な呼び方をし、世界中の人々に日本人のイメージを「野蛮で残酷な民族」として植えつけ、一方では、中国人を「可愛そうな同情すべき被害者」として宣伝してきたのである。最近になって、ようやく見えてきた・・・何のために、何の目的で、これほどまでに中国共産党が躍起になって捏造された南京大虐殺を世界中に宣伝しているのか・・・世界の目を「ザ・レイプ・オブ・ナンキン」に釘づけし、中国共産党がいま現在行っている真のホロコースト、「ザ・レイプ・オブ・チベット(THE RAPE OF TIBET)」を目くらましにするためだったのである。世界の人々のみならず、日本人までが「南京大虐殺」という目くらましに遭っていたため、そのあまりの残虐性ゆえに「チベット大虐殺」が霞んでしまっていたのだ。いま日本人が、世界のどの人々よりも、激しい憤りを持って「ザ・レイプ・オブ・チベット(THE RAPE OF TIBET)」の持つ中国共産党の極悪非道を訴えていく・・・日本人には、その人道的な使命があり、それは世界からも期待されているのだ。

もう一度繰り返すが、チベット虐殺を人権侵害・人権弾圧と呼ばないでほしい。これこそが「ザ・レイプ・オブ・チベット(THE RAPE OF TIBET)」である。

関連記事  チベットに学ぶ民族自決権の尊さと外国人参政権の危険性
TAMAGAWABOAT oyaji011.gif

トップページから読む

%d bloggers like this: