jump to navigation

【2.10緊急集会】慰安婦問題「日韓合意」と日本の前途 February 4, 2016

Posted by TAMAGAWABOAT in COMFORT WOMAN, Japan, Korean, WW2.
1 comment so far

【緊急集会】慰安婦問題「日韓合意」と日本の前途

 昨年の暮れの12月28日、慰安婦問題の「解決」のために突然になされた「日韓合意」。これは日韓両国のみならず、世界各国で大きなニュースとして取り上げられた。
果たしてこの合意によって、慰安婦問題は本当に解決に向かうのか。国際社会はどう捉えているのか。
「日韓合意」を徹底検証し、今後の日本がとるべき方針を緊急提言する。

と き: 平成28年2月10日(水)13時開会
※12時30分受付開始、参議院議員会館の受付付近で集会スタッフが通行証をお渡しいたしますので、そちらまでお越し下さい。

会 場: 参議院議員会館 1階講堂
(東京メトロ永田町駅より徒歩3分、国会議事堂駅より徒歩8分溜池山王駅より12分)

パネリスト:
西村幸祐(批評家・ジャーナリスト)
藤井厳喜(国際問題アナリスト)
藤岡信勝(拓殖大学客員教授)
松木國俊(朝鮮問題研究家)
目良浩一(GAHT代表)
山本優美子(なでしこアクション代表)
(ほか調整中・敬称略)
参加費: 無料(事前申込不要)

主 催: 慰安婦の真実国民運動(代表:加瀬英明)
東京都文京区水道2-6-3-203 新しい歴史教科書をつくる会内
(電話)03-6912-0047 (FAX)03-6912-0048
(メール)ianfu-shinjitu@tsukurukai.com

慰安婦問題「日韓合意」と日本の前途

 

慰安婦問題に関する日韓合意・粉砕!

慰安婦問題に関する日韓合意・粉砕!

靖国神社-彼らは何のために死んだのか? August 18, 2010

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, History, Japan, Japan Bashing, racism, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , , , , ,
8 comments

この文は、私が終戦の日を前にして8月13日に、このブログにあげたYasukuni Shrine-3の日本語訳です。ある意図(英語圏の人でなく日本人にぜひ伝えたいという思いがあり、若干、文章を変更しています)があって、和訳の文章は英文とは別のページとしました。

私は、あるユーチューブのビデオを観ました。64回目の大東亜戦争(驚いたことに、アメリカでは大東亜戦争のことを太平洋戦争と呼ぶらしい。中国戦線やビルマ戦線も太平洋なのか?)の終戦の日にあたる昨年の8月15日、靖国神社にて、ピエール・パリゾというカナダ人(フランス系かな?)が田母神俊雄・元航空幕僚長に対して失礼な言葉をかけ、周囲にいた人たちとの間で、ちょっとしたいざかいを起こしたというビデオです。ピエール・パリゾ氏は、講演を終えてあるケーブルテレビのインタビューに答えていた田母神氏に対して、突然、挑発的な言葉を投げかけました。「あなたがドイツ人だったら、あなたは憲法違反で逮捕されますよ。それをどう思いますか?」と。田母神氏の講演を聞いていた何人かの日本人が、このパリゾ氏の田母神氏に対する失礼な言葉に怒りをあらわにしました。

私は、日本人がパリゾ氏に対して怒る気持ちはわかります。しかし、このカナダ人にただどなり散らす日本人たちの態度にも少々がっかりしました。というのも、このカナダ人は日本人を最初から挑発しようと思ってわざと田母神氏に失礼な言葉をかけたことを、周囲にいた人たちは理解すべきでした。(しかしながら、彼らはその挑発に乗ってしまったのです) そして、私たち日本人が理解すべきことは、日本に滞在する欧米人10人のうち9人以上が、靖国神社や田母神論文について、このカナダ人・パリゾ氏と同様な考え方を持っているという現実を理解すべきです。ピエール・パリゾ氏は、過去に2~3回ほどジャパン・タイムズ紙に、靖国神社について否定的な記事を書いています。ほとんどの欧米人たちが、特に連合国(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)の人々は、自分たちは65年前、非人道的な独裁国家と戦い、そして人々をそれから解放したのだといった、いわゆるステレオタイプを持っています。それゆえ、連合国の人々が持つ歴史観を否定したり、それに反論するような人が現れたりすると、彼らは、決まってパブロフの条件反射のごとく、歴史修正主義者としてレッテルを貼ろうとするのです。右翼という言葉は、外国メディアによって、日本における歴史修正主義者という言葉に代わって用いられる用語です。歴史観の異なる相手に対して、しきりに歴史修正主義者とか右翼といったレッテルを貼ろうとする欧米人のほとんどが、実は最初から、歴史について議論などしようなどとは願ってはいません。だからこそ、ピエール・パリゾ氏は田母神氏に失礼な言葉を吐いた後、わざと顔にニタニタと嘲るかのような笑みを浮かべ、そしてそそくさと靖国神社から逃げるように去っていったのです。このカナダ人の最初からの目的が、日本人たちをただただ怒らせるつもりで、挑発したかっただけだったのは明らかなのです。(彼らって、結構悪質です) それで彼は何を欲してこうした行為をとったと思いますか?それは日本人に対する優越感でした。

実は、私も、ほんの数年前まで、ピエール・パリゾ氏と同様に、己の無知からくる思い込みで靖国神社に対するある種のレッテルを貼っていました。私は、靖国について、毒が盛られ耳をつんざく迷惑な音を撒き散らす右翼の下品極まりない黒い街宣車のイメージを持っていました。しかしながら、はじめて靖国の遊就館に入り、戦争で亡くなった6千を超える方たちの遺影の前に立ち、そして、たくさんの人々が残していった遺書を丹念にひとつひとつ読んでいくにつれ、私は、彼らが何のために死んでいったのかを理解し、遺書の中に、光輝く「人間の尊厳」を見ました。これほど眩しい「人間の尊厳」をかつて見たことは今でもありません。日本人は「人間の尊厳」などといった言葉を日ごろ簡単に使いますが、生まれながらにして「人間の尊厳」なんてあるとは私は思いません。自分の身を投げ出してまで、自分を犠牲にしてまで、他の人間を救おうとする姿、その瞬間こそ、人間は尊厳で輝くのだと思いました。

いったい彼らは何のために死んだのでしょうか。もし、あなたも先に述べたような思い込みしか持たないとすると、たぶん、あなたは「彼らは天皇のために死んだ」と答えるでしょうが。靖国神社・遊就館には、家族に宛てたたくさんの遺書がありました。これらたくさんの遺書は、なぜ彼らが命を懸けて戦ったのか、彼らは何を必死に守ろうとしたのかを私たちにに語りかけてきます。彼らには、命を懸けるだけの価値のあるものがあったのです。命と引き換えにするだけの価値があるものが、実はあったのです。妻、娘、息子、母親、そしてふるさと。彼らは命を賭してでも守るべきもがあったのです。私は問いたい。今の日本人にそれがありますか?今の日本人に命を賭すだけの価値あるものがありますか?その覚悟がありますかと。たとえ、戦場で「天皇陛下、ばんざい」と叫んで死んだとしても、彼らの最後の瞬間まで、いつも彼らの心と一緒にいたのは家族だったのです。そして最も私たちにとって重要なことは、これらの遺書は、日本の未来を将来の世代に託して死んでいったことです。死を決意し壮絶な想いで書き記した言葉と文字、それらは、どんな言葉よりも重いのです。彼らは日本の未来を、今に生きる私たちに託して逝ったのです。ですから、当然、命を懸けてこの国を守ろうとした人々の遺志を無視することは、決してあってはならないのです。しかしながら、日本のために人々が、今日の日本の有様を見たらどう思うでしょうか。子供が親を殺し、金と女に溺れる腐敗しきった政治家、そんな心の腐りきった社会のあり様を見たとしたら、きっと彼らはどんなにか嘆き悲しむことでしょう。今日の日本社会の堕落ぶり、日本人が終戦以来、ずっと靖国神社に背を向けてきた65年間の結果なのです。私自身、6年前、靖国神社にはじめて訪ね、そして自分がいかにそれまで感謝知らずの人間であったかを悟りました。

いま日本の政治の世界では、永住外国人に投票権を与えるべきか否かが議論を呼んでいます。私は日本政府にぜひ提案したい。私利私欲に駆られて日本にやってきた外国人に投票権を与える以前に、まずは優先的に靖国神社に英霊として祀られている2,466,532名の方々に投票権を与えるべきだと。私たちは決して忘れてはなりません。日本のために亡くなった2,466,532名の方々は、今を生きる私たちに、この日本を託したことを。私たち日本人は彼らの遺志に忠実に応える義務があるのです。そして、もうすぐ65回目の大東亜戦争の終戦の日がやってきます。靖国神社へ参拝の際には、ぜひ遊就館を訪ね、遺書を通じて彼らの想いに接していただければと思います。

TAMAGAWABOAT
トップページから読む

Yasukuni Shrine-3
駅前のアヘン売人、パチンコ店を排除せよ 

Yasukuni Shrine – 3 what did they die for? August 13, 2010

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, History, Japan, Japanese, Nanking Massacre, Rape of Nanking, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , , , ,
19 comments

I watched a YouTube’s video that a Canadian named Pierre Pariseau said rude words against Tamogami Toshio (the former COS of Air Self-Defense Force ) and made a small trouble in Yasukuni Shrine on August 15th last year,  the 64th anniversary of the end of the Pacific War (=the Greater East Asian War).  Pierre Pariseau suddenly and provocatively said to Tamogami Toshio who finished his speech and was being interviewed by a cable television, “You would be arrested for unconstitutional if you were German. What do you think?”  A few Japanese, who were listening to Tamogami’s speech,  got angry at Pariseau’s rude words against Tamogami. 

I understand why these Japanese got angry with Pariseau. But I was a little disappointed at behaviors of these Japanese to shout furiously at this Canadian.  They should understand that this Canadian said rude words to Tamogami deliberately as a provocation and they responded to his provocation as he had expected.  We Japanese should understand that over 9 out of 10 westerners living in Japan have the same ideas about Yasukuni issue or Tamogami’s controversial essay as this Canadian.  Pierre Pariseau has written negative articles about Yasukuni Shrine for ‘The Japan Times’ two or three times.  The people who got angry with Pierre Pariseau should recognize almost westerners, especially the Allies’(America, Britain, Australia and so on.) people have stereotype that they Allies fought against inhuman Fascism states 65 years ago and liberated the people from it.  Therefore, if the person who denies or argues against the Allies’ historical perspective appears in front of them, they routinely try to label him/her as historical revisionist like Pavlov’s conditioned reflex. The word ‘Uyoku (Right Wing) ‘ is the term applied in place of ‘historical revisionist’ in Japan by foreign press. Almost westerners who try to label him/her as historical revisionist or Uyoku don’t want to debate on history with him/her from the beginning.  So Pierre Pariseau intentionally had a shit-eating grin on his face after saying a rude word against Tamogami and this Canadian hurried away from Yasukuni Shrine. It is obvious that the goal of this Canadian was only provocation against the Japanese intending to make them angry.

Actually, I too had the similar stereotype about Yasukuni Shrine to Pierre Pariseau until just a few years ago. It was 6 years ago that I visited Yasukuni Shrine for the first time.  Before visiting Yasukuni’s Yushukan (military and war museum),  I too thought that Yasukuni was Militarist Shrine.  I had a lot of negative image of Yauskuni such as black vehicles right-wing campaigners making poisonous and intense noises.  However,  I entered Yushukan and stood in front of over 6000 portraits who died in the war,  and as I read each and every one of farewell notes that so many people’s left,  I found ‘the true human dignity’ in farewell notes and understood what they died for.

What do you think they died for? I suppose you will answer “For the Emperor (Tenno)!” if you have the above-mentioned stereotype.  There are so many farewell notes to their families. These farewell notes speak to you why they fought at the risk of their lives and what they desperately tried to protect  They had things that are worth risking their lives! They had things that are worth giving their lives! Their wives,  their daughters,  their sons,  their mothers and their hometowns.  Even if they shouted,  “Tenno Heika Banzai! and died at the front,  their hearts were always with their families until the last moment of their lives.  More important for us,  these farewell notes speak to us that they entrusted Japan to future generations and died. Who are future generations that they entrusted ‘Japan’ to?  Naturally, we can never ignore the last wishes of the people who sacrificed their lives for Japan.  However,  if the people who died for Japan in the war see the reality of today’s Japan,  if they see the emotionally-disturbed society such as children kill their parents or corrupt politicians get hooked on women and money,  I’m sure they would be disappointed and lament over today’s Japan.  It is consequence of 65 years that the Japanese people have been turning their back on Yasukuni Shrine since the end of the war.  I realized I had been thankless Japanese when I read farewell notes at Yasukuni.

As you may know,  it has become controversial whether voting rights should be given to permanent foreign residents or not in Japan’s political world.  I would like to propose that the Japanese government should give voting rights to 2,466,532 people who are enshrined as ‘spirits of the war dead’ at Yasukuni first,  prior to giving voting rights to foreign residents who came to Japan by their own self-interest.  We must never forget that 2,466,532 people died for Japan and entrusted Japan’s future to us who live in the present.  The 65th anniversary of the end of the Greater East Asia war will come soon.

TAMAGAWABOAT oyaji011.gif
To the top

Yasukuni Shrine – 1
Yasukuni Shrine – 2
靖国神社-彼らは何のために死んだのか?

 

 

Hiroshima, Nagasaki and Pearl Harbor August 7, 2010

Posted by TAMAGAWABOAT in B-29, Blogroll, History, Japan, Japanese, Nanking Massacre, Rape of Nanking, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , ,
12 comments

65 years ago today, for the first time in the history of humankind, the nuclear weapon was used against innocent civilians by America.  65 years ago today was Monday. At 1:30 am, early on Monday morning, August 6th in 1945, America’s B-29 bomber, the Enola Gay left Tinian Island in the western Pacific. At 8:05 am, the Enola Gay reached the sky over Hiroshima. 10 minutes later, at 8:15 am, the Enola Gay dropped the world’s first atomic bomb on the center of Hiroshima which had a population of 350,000.

We should focus attention on the day and time when America dropped the atomic bomb. 8:15 am. and Monday morning… Why did the Enola Gay carry out the world’s first atomic bombing at 8:15 a.m.? Why did the Enola Gay drop the atomic bomb on Monday morning? American Army knew Japanese schools held morning meetings on Monday morning. 8:15 on Monday was the time that schools started morning meetings. American Army knew school children would round up in schoolyards for morning meetings at 8:15 am. Therefore, American Army set the time of dropping the world’s first atomic bomb at 8:15 am, on Monday, August 6th. For what? To kill Japanese school children efficiently and to crush all hope in Japan’s future. As a result of America’s atomic bombing, 140,000 people out of 350,000 citizens of then Hiroshima died. Most of 140,000 people were children, women and elderly people. They suffered and suffered, and died in great agony. It is obvious that America carried out genocide against the Japanese people on the pretext of ending the war.

Only 3 days after the atomic bombing on Hiroshima, the world’s second atomic bomb caused the further humanitarian tragedy for innocent civilians of Nagasaki. American Army dropped new type of atomic bomb different from the bomb that they dropped on Hiroshima 3 days ago. 70,000 people out of 240,000 citizens of then Nagasaki died. While American Army dropped ‘uranium-type bomb’ on Hiroshima, they dropped ‘plutonium-type bomb’ on Nagasaki. America succeeded in developing two different types of atomic bombs. America carried out the experiment of two different types of atomic bombs on hundreds of thousands living human bodies in the confusion just before the end of the war.

Some people, especially Americans say, “The atomic bombings of Nagasaki and Hiroshima ended the war. These two atomic bombs saved millions of lives that would have been lost through a long lasting war.” This is delusive sophistry to justify America’s hideous crime against humanity. 

The people who believe that these two atomic bombs ended the war should recognize that America prolonged the war intending to drop atomic bombs on Japanese cities by presenting unacceptable terms of surrender against Japan. The people who believe that these two atomic bombs ended the war should recognize that there are rules even during wartime. America’s atomic bombing obviously violated the Hague Convention that prohibited attacks on civilians. The people who believe that these two atomic bombs ended the war should recognize that there are many people who still suffer atomic-bomb disease now, 65 years after the war. The people who believe that these two atomic bombs ended the war should recognize that there are the people who are called “children of atomic-bomb victims”. Why they who have no relationship with the war 65 years ago have to suffer atomic-bomb disease?

Atomic bombing is the worst war crime against humanity in human history. But American Presidents have never once visited Hiroshima or Nagasaki. No more Hiroshima, No more Nagasaki. Pearl Harbor once again!

August 6, 2010
TAMAGAWABOAT oyaji011.gif
To the top

Yasukuni Shrine – 1

65年前の今日、人類史上はじめて、アメリカによって核兵器が一般市民に使用されました。65年前の今日、1945年8月6日、月曜日早朝の午前1時30分、アメリカのB29爆撃機、エノラゲイは西太平洋上のテニアン島を飛び立ちました。。午前8時05分、エノラゲイは広島上空に到達、その10分後の8時15分、エノラゲイは35万人の人口を持つ広島の中心部に、世界ではじめての原子爆弾を投下しました。

私たちは、アメリカが原爆を投下した曜日と時刻に着目すべきです。8時15分、そして月曜日であったことを。なぜエノラゲイは8時15分に、世界最初の原爆を投下したのか?なぜエノラゲイは月曜日に原爆を投下したのか?を。アメリカ陸軍は、日本の学校が月曜日の朝に朝礼を行うのを知っていました。月曜日の8時15分という時刻は、学校が朝礼を始める時刻です。アメリカ陸軍は、午前8時15分には、生徒たちが朝礼のために校庭に出ることを知っていたのです。それゆえに、アメリカ陸軍は、世界最初の原爆投下時刻を8月6日月曜日の午前8時15分に設定したのでした。なんのためか?効率よく日本の子供たちを殺すためです。そして、日本の将来への望みを打ち砕くためでした。

アメリカの原爆投下の結果、当時の広島市民35万人のうち14万人が死にました。14万人のほとんどが子供たちであり、女性であり、お年寄りの人たちでした。彼らは苦しんで苦しんで、もがきながら死んでいきました。アメリカが、戦争終結を口実として、日本人を大量虐殺したことは明白なのです。

広島への原爆投下からわずか3日後、史上2番目の原爆が長崎の一般市民に対してさらなる非人道的な惨劇をもたらしました。アメリカ陸軍は3日前に広島に投下した爆弾とは異なった新型の原爆を投下したのです。当時の長崎の24万人の市民のうち7万人が亡くなりました。アメリカ陸軍は広島にウラン型原爆を投下する一方で、長崎にはプルトニウム型原爆を投下したのです。アメリカは2つの異なるタイプの原爆の開発に成功していたのです。アメリカは、終戦間際のどさくさに紛れて、数十万人の生きた人間に対して、この異なる2つのタイプの原子爆弾の人体実験を行ったのです。

ある人たちは言います。特にアメリカ人が言います。「広島・長崎への原爆投下が戦争を終わらせたのだ。この2つの原爆が、長引く戦争で亡くなったであろう数百万人の生命を救ったのだ」と。これは、アメリカの身の毛もよだつほど残忍で非人道的な犯罪を正当化するための欺瞞に満ちた詭弁なのです。

2つの原爆が戦争を終結させたと信じる人々は、アメリカが原爆を日本の都市に投下する目的で、故意に日本に受け入れ難い降伏条件を突きつけ、戦争を長引かせたことを理解すべきです。2つの原爆が戦争を終結させたと信じる人々は、戦時下においてさえ、守るべきルールが存在することを知るべきです。アメリカの原爆投下は明らかに、一般市民への攻撃を禁じたハーグ条約に違反します。2つの原爆が戦争を終結させたと信じる人々は、終戦から65年経った今なお、たくさんの人々が原爆症に苦しんでいることを知るべきです。2つの原爆が戦争を終結させたと信じる人々は、被爆2世と呼ばれる人々がいることを知るべきです。65年前の戦争とは関係のない彼らが、なぜ原爆症で苦しまなければならないのでしょうか。

原爆投下は、人類史上最悪の非人道的犯罪です。しかし、アメリカ大統領は一度たりとも広島や長崎を訪ねてはいません。ノーモア・ヒロシマ、ノーモア、ナガサキ。パールハーバー、ワンスアゲイン!

トップページから読む

田母神論文-侵略か否かにこだわるほど自虐史観 January 1, 2009

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, COMFORT WOMAN, History, Japan, Nanking Massacre, Rape of Nanking, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , ,
8 comments

douzou1ふたたび田母神航空幕僚長の論文の話。実は、私はこの論文を自分の声で朗読し、バックにNHK大河ドラマ「風林火山」の千住明の音楽に合わせてビデオでも作ろうとしていた(笑)。だから、何度も何度も暗記できるほど、この論文を読ませていただいた。正直言って、もうすでに暗記してしまった(笑)。

「アメリカ合衆国軍隊は・・・これをアメリカによる日本侵略とは言わない・・・」何度も読み進めていくうちに、どうも言い訳がましい文章だなと思い始めた。そして徐々に、私は「日本が大陸を侵略したか、しなかった」なんてどうでもいいじゃないかという感想を持った。さらに最終的には、日本が大陸に侵攻しアジアを征服したことこそ日本人の歴史的偉業であり、それを現在に生きる日本人は誇りとすべきだという確信に至った(笑)。

日本人の多くが「侵略か否か」にこだわるのは、中国に事あるごとに「日本は中国に侵略した。侵略したことを認めよ」と繰り返し非難されてきたからであって、その中国の言う「侵略」という言葉の裏には、中国自ら行っているチベット・ウィグル・内モンゴルへの本当の侵略(武力侵攻と略奪)を正当化し、さらには日本の過去の揚げ足をとってあげつらうことによって、日本からの中国に対する非難をかわすことにあるのだ。であれば、中国に対しては「お前らが主張するような略奪なんてしてないぞ。お前らがチベット・ウィグルでやっているような人道に反する民族浄化など毛頭やってはいない」と反論すればよい。それでも五月蝿く言うのであれば、「ウルサイ、黙れ。70年も昔のことでウダウダと、なんとも女々しい奴だ。味噌汁で顔でも洗って出直せ」と一喝してあげればよい。少しは日本人に図太くマッチョな性格(男らしさ)が必要だと思う。

alex「日本が侵略国家だったか否か」といった議論はあまりにくだらない。たとえ「侵略」の要素が少しばかりあったとしても、そのことで周辺のアジア諸国に対して謝罪する必要もないし、また日本人が少しも負い目を感じることは毛頭ないのだ。眼を日本から外へ向ければ、東ヨーロッパ・バルカン半島にマケドニア共和国という国がある。マケドニア人はかつてペルシャ東方遠征を行った古代マケドニア王国のアレクサンダー大王(紀元前336 – 紀元前323)を民族の偉大な英雄として称えている。マケドニア人たちはアレクサンダー大王の話になると眼を輝かして古(いにしえ)の侵略の歴史について語り始めるのだ(笑)。しかしながら、実はアレクサンダー大王はマケドニア人ではなくギリシャ人であったのだが・・・(笑)。napoleaon2またフランスの英雄ナポレオン・ボナパルト(1769- 1821)などはヨーロッパを征服し、さらには広大なロシアの奥くまで進撃しモスクワまで占領した。これがナポレオン戦争であり、ナポレオンが征服したヨーロッパでは王政を倒し、ヨーロッパの諸民族にフランス革命の理念である自由・平等・博愛の理念をばら撒き、のちに諸民族が民族主義国家として成立していく近代の歴史的偉業を達成したのである。

日本人の多くの人たちも、アレクサンダー大王とかナポレオンを歴史的英雄と認めるでしょ?であれば、なぜ、その同じ日本人が、欧米列強によって植民地とされ過酷な搾取が行われていたアジアを征服し大東亜共栄圏を築き、アジア人を白人たちの植民地支配から解放し、アジア人としての誇りと勇気を与え、民族自決の精神を根づかせた日本人の先人たちを誇りに思い、英雄と呼ばないのか!?日本人が築いた大東亜共栄圏という新秩序は、アレクサンダー大王の東方遠征やナポレオン戦争と匹敵するほどの歴史的偉業だったのだ。実は中国もアメリカも、日本人がこの大東亜共栄圏という歴史的偉業について誇りはじめることを一番心配しているのだ。「正義」を振りかざし自らの暴力を正当化してきたアメリカにとってはきわめて都合が悪く、またアジアのリーダーに君臨したい中国にとっては「アジアを解放したのが日本」となってはまた困るのである。だから、アメリカも中国もアジア各地で「日本は60数年前の侵略戦争のために嫌われている」というプロパガンダを流し続けてきたのだ。

ningyoなぜ、多くの日本人は「侵略は悪い」とか「戦争は悪だ」とか言いつつも、NHK大河ドラマの信長・秀吉・家康の「国取り物語」や武田信玄の「風林火山」をウキウキした気持ちで毎週観ていたのか!「侵掠すること火のごとし」などいう文句は日本ではすでに放送禁止用語ではなかったのか!(笑)実は人間というのは、特に男性にとって戦争での英雄の「勇ましい」姿は、ある種の人間が本来生まれ持っている「本能」をくすぐるのである。五月人形を見てみよ。鎧・兜を身に付け、キリッとした眉と鋭い眼光を持つ男子の顔に私たちは何を感じるだろうか?五月人形の持つ「勇ましさ」に自分の子供も「この武者のように勇ましくあれ、強くあれ」との親の願いが込められている。なぜ人々は、戦国武将の馬に跨った勇ましい銅像を駅前に立てたりするのだろうか。その勇壮な武将の姿が町の誇りであり、郷土の自慢であるからに他ならない。ならば、戦後行われてきた「平和教育」とやらは何だったのか。「戦争は悪いことです」「人殺しは絶対に駄目です」「暴力はいけません」「過去の過ちを反省しましょう」「日本人は過去に悪いことをしました」「軍国主義はいけません」・・・。これらの言葉が、子供が生まれながらにして持っている「勇敢さ・勇ましさ」への憧れをすっかり奪っていったのではないか。だから、いまの日本人、特に20代は小粒ぞろい、器が小さすぎる。日本は上から下までネズミの心臓・ノミの脳みそを持った奴ばかりだと思う。日本人は過去の戦争にもっとロマンを持って語っていいんじゃないか。おそらく反日左翼と中国・朝鮮は、「歴史を美化するな」と言うだろうが(笑)。それは彼らのやっかみというもの(笑)。そもそも人類の歴史など、その大半が戦争の歴史なのだ。食うか食われるか、凄まじいほどの弱肉強食が繰り返されてきた歴史であり、そしてその弱肉強食は決して過去のものではなく今も続いている。その弱肉強食を戦いぬく「勇ましさ」と「たくましさ」を今の日本人は取り戻さなければならない。戦争でたった一度だけ負けたぐらいでうつむいている暇なんてないぞ。「次回は世界を征服してやるぞ」ぐらいの強い気概を持とうじゃないか(笑)。

daitouwa私は思う。現在、田母神論文をテーマにメディアで議論している政治家もコメンテーターも右と言われる人も左の人も、実は平和教育によって洗脳された自虐史観を引き摺っているのではないだろうかと。「日本がかつて侵略国家だったか否か」なんて議論なんてする必要などないのだと。そして、もし中国が執拗に「侵略を認めよ」と言ってきたなら、日本人は地球儀を撫でながら語ればよい。「こんなに広大なアジアを侵略した日本の先祖はなんて偉大なのだろうか」と。それだけで、中国の執拗な追求は一瞬にして収束する。06年8月15日に小泉純一郎元首相が靖国神社へ堂々と参拝したときのように。

疾きこと風のごとし
徐かなること林のごとし
侵掠すること火のごとし
動かざること山のごとし

平成21年 いまだ元旦

多摩川競艇

TAMAGAWABOAT oyaji-beer1.gif
トップページから読む

田母神論文-これは誰かの策略なのか
靖国神社-彼らは何のために死んだのか?

%d bloggers like this: