jump to navigation

【2.10緊急集会】慰安婦問題「日韓合意」と日本の前途 February 4, 2016

Posted by TAMAGAWABOAT in COMFORT WOMAN, Japan, Korean, WW2.
1 comment so far

【緊急集会】慰安婦問題「日韓合意」と日本の前途

 昨年の暮れの12月28日、慰安婦問題の「解決」のために突然になされた「日韓合意」。これは日韓両国のみならず、世界各国で大きなニュースとして取り上げられた。
果たしてこの合意によって、慰安婦問題は本当に解決に向かうのか。国際社会はどう捉えているのか。
「日韓合意」を徹底検証し、今後の日本がとるべき方針を緊急提言する。

と き: 平成28年2月10日(水)13時開会
※12時30分受付開始、参議院議員会館の受付付近で集会スタッフが通行証をお渡しいたしますので、そちらまでお越し下さい。

会 場: 参議院議員会館 1階講堂
(東京メトロ永田町駅より徒歩3分、国会議事堂駅より徒歩8分溜池山王駅より12分)

パネリスト:
西村幸祐(批評家・ジャーナリスト)
藤井厳喜(国際問題アナリスト)
藤岡信勝(拓殖大学客員教授)
松木國俊(朝鮮問題研究家)
目良浩一(GAHT代表)
山本優美子(なでしこアクション代表)
(ほか調整中・敬称略)
参加費: 無料(事前申込不要)

主 催: 慰安婦の真実国民運動(代表:加瀬英明)
東京都文京区水道2-6-3-203 新しい歴史教科書をつくる会内
(電話)03-6912-0047 (FAX)03-6912-0048
(メール)ianfu-shinjitu@tsukurukai.com

慰安婦問題「日韓合意」と日本の前途

 

慰安婦問題に関する日韓合意・粉砕!

慰安婦問題に関する日韓合意・粉砕!

田母神論文-侵略か否かにこだわるほど自虐史観 January 1, 2009

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, COMFORT WOMAN, History, Japan, Nanking Massacre, Rape of Nanking, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , ,
8 comments

douzou1ふたたび田母神航空幕僚長の論文の話。実は、私はこの論文を自分の声で朗読し、バックにNHK大河ドラマ「風林火山」の千住明の音楽に合わせてビデオでも作ろうとしていた(笑)。だから、何度も何度も暗記できるほど、この論文を読ませていただいた。正直言って、もうすでに暗記してしまった(笑)。

「アメリカ合衆国軍隊は・・・これをアメリカによる日本侵略とは言わない・・・」何度も読み進めていくうちに、どうも言い訳がましい文章だなと思い始めた。そして徐々に、私は「日本が大陸を侵略したか、しなかった」なんてどうでもいいじゃないかという感想を持った。さらに最終的には、日本が大陸に侵攻しアジアを征服したことこそ日本人の歴史的偉業であり、それを現在に生きる日本人は誇りとすべきだという確信に至った(笑)。

日本人の多くが「侵略か否か」にこだわるのは、中国に事あるごとに「日本は中国に侵略した。侵略したことを認めよ」と繰り返し非難されてきたからであって、その中国の言う「侵略」という言葉の裏には、中国自ら行っているチベット・ウィグル・内モンゴルへの本当の侵略(武力侵攻と略奪)を正当化し、さらには日本の過去の揚げ足をとってあげつらうことによって、日本からの中国に対する非難をかわすことにあるのだ。であれば、中国に対しては「お前らが主張するような略奪なんてしてないぞ。お前らがチベット・ウィグルでやっているような人道に反する民族浄化など毛頭やってはいない」と反論すればよい。それでも五月蝿く言うのであれば、「ウルサイ、黙れ。70年も昔のことでウダウダと、なんとも女々しい奴だ。味噌汁で顔でも洗って出直せ」と一喝してあげればよい。少しは日本人に図太くマッチョな性格(男らしさ)が必要だと思う。

alex「日本が侵略国家だったか否か」といった議論はあまりにくだらない。たとえ「侵略」の要素が少しばかりあったとしても、そのことで周辺のアジア諸国に対して謝罪する必要もないし、また日本人が少しも負い目を感じることは毛頭ないのだ。眼を日本から外へ向ければ、東ヨーロッパ・バルカン半島にマケドニア共和国という国がある。マケドニア人はかつてペルシャ東方遠征を行った古代マケドニア王国のアレクサンダー大王(紀元前336 – 紀元前323)を民族の偉大な英雄として称えている。マケドニア人たちはアレクサンダー大王の話になると眼を輝かして古(いにしえ)の侵略の歴史について語り始めるのだ(笑)。しかしながら、実はアレクサンダー大王はマケドニア人ではなくギリシャ人であったのだが・・・(笑)。napoleaon2またフランスの英雄ナポレオン・ボナパルト(1769- 1821)などはヨーロッパを征服し、さらには広大なロシアの奥くまで進撃しモスクワまで占領した。これがナポレオン戦争であり、ナポレオンが征服したヨーロッパでは王政を倒し、ヨーロッパの諸民族にフランス革命の理念である自由・平等・博愛の理念をばら撒き、のちに諸民族が民族主義国家として成立していく近代の歴史的偉業を達成したのである。

日本人の多くの人たちも、アレクサンダー大王とかナポレオンを歴史的英雄と認めるでしょ?であれば、なぜ、その同じ日本人が、欧米列強によって植民地とされ過酷な搾取が行われていたアジアを征服し大東亜共栄圏を築き、アジア人を白人たちの植民地支配から解放し、アジア人としての誇りと勇気を与え、民族自決の精神を根づかせた日本人の先人たちを誇りに思い、英雄と呼ばないのか!?日本人が築いた大東亜共栄圏という新秩序は、アレクサンダー大王の東方遠征やナポレオン戦争と匹敵するほどの歴史的偉業だったのだ。実は中国もアメリカも、日本人がこの大東亜共栄圏という歴史的偉業について誇りはじめることを一番心配しているのだ。「正義」を振りかざし自らの暴力を正当化してきたアメリカにとってはきわめて都合が悪く、またアジアのリーダーに君臨したい中国にとっては「アジアを解放したのが日本」となってはまた困るのである。だから、アメリカも中国もアジア各地で「日本は60数年前の侵略戦争のために嫌われている」というプロパガンダを流し続けてきたのだ。

ningyoなぜ、多くの日本人は「侵略は悪い」とか「戦争は悪だ」とか言いつつも、NHK大河ドラマの信長・秀吉・家康の「国取り物語」や武田信玄の「風林火山」をウキウキした気持ちで毎週観ていたのか!「侵掠すること火のごとし」などいう文句は日本ではすでに放送禁止用語ではなかったのか!(笑)実は人間というのは、特に男性にとって戦争での英雄の「勇ましい」姿は、ある種の人間が本来生まれ持っている「本能」をくすぐるのである。五月人形を見てみよ。鎧・兜を身に付け、キリッとした眉と鋭い眼光を持つ男子の顔に私たちは何を感じるだろうか?五月人形の持つ「勇ましさ」に自分の子供も「この武者のように勇ましくあれ、強くあれ」との親の願いが込められている。なぜ人々は、戦国武将の馬に跨った勇ましい銅像を駅前に立てたりするのだろうか。その勇壮な武将の姿が町の誇りであり、郷土の自慢であるからに他ならない。ならば、戦後行われてきた「平和教育」とやらは何だったのか。「戦争は悪いことです」「人殺しは絶対に駄目です」「暴力はいけません」「過去の過ちを反省しましょう」「日本人は過去に悪いことをしました」「軍国主義はいけません」・・・。これらの言葉が、子供が生まれながらにして持っている「勇敢さ・勇ましさ」への憧れをすっかり奪っていったのではないか。だから、いまの日本人、特に20代は小粒ぞろい、器が小さすぎる。日本は上から下までネズミの心臓・ノミの脳みそを持った奴ばかりだと思う。日本人は過去の戦争にもっとロマンを持って語っていいんじゃないか。おそらく反日左翼と中国・朝鮮は、「歴史を美化するな」と言うだろうが(笑)。それは彼らのやっかみというもの(笑)。そもそも人類の歴史など、その大半が戦争の歴史なのだ。食うか食われるか、凄まじいほどの弱肉強食が繰り返されてきた歴史であり、そしてその弱肉強食は決して過去のものではなく今も続いている。その弱肉強食を戦いぬく「勇ましさ」と「たくましさ」を今の日本人は取り戻さなければならない。戦争でたった一度だけ負けたぐらいでうつむいている暇なんてないぞ。「次回は世界を征服してやるぞ」ぐらいの強い気概を持とうじゃないか(笑)。

daitouwa私は思う。現在、田母神論文をテーマにメディアで議論している政治家もコメンテーターも右と言われる人も左の人も、実は平和教育によって洗脳された自虐史観を引き摺っているのではないだろうかと。「日本がかつて侵略国家だったか否か」なんて議論なんてする必要などないのだと。そして、もし中国が執拗に「侵略を認めよ」と言ってきたなら、日本人は地球儀を撫でながら語ればよい。「こんなに広大なアジアを侵略した日本の先祖はなんて偉大なのだろうか」と。それだけで、中国の執拗な追求は一瞬にして収束する。06年8月15日に小泉純一郎元首相が靖国神社へ堂々と参拝したときのように。

疾きこと風のごとし
徐かなること林のごとし
侵掠すること火のごとし
動かざること山のごとし

平成21年 いまだ元旦

多摩川競艇

TAMAGAWABOAT oyaji-beer1.gif
トップページから読む

田母神論文-これは誰かの策略なのか
靖国神社-彼らは何のために死んだのか?

COMFORT WOMEN SYSTEM WAS NOT BAD SYSYEM March 6, 2007

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, COMFORT WOMAN, History.
18 comments

Prime Minister ABE Shinzo said “the comfort woman system” had several 1281.jpggood points from the viewpoint of preventing the rape in combat zone. I think, and yet, “the comfort woman system” had many good points also from the viewpoint of health care of soldiers. “the comfort woman system” was effective for preventing infection of venereal disease.

Prime Minister ABE Shinzo said “the comfort woman system” had several good points from the viewpoint of preventing the rape in combat zone. I think, and yet, “the comfort woman system” had many good points also from the viewpoint of health care of soldiers. “the comfort woman system” was effective for preventing infection of venereal disease.
The following case cleraly exemplifies how “the comfort woman system” was effective for preventing infection of venereal disease.

theodore-h-white-1-sized1.jpgThe following case clearly exemplifies how “the comfort woman system” was effective for preventing infection of venereal disease.  I introduce the book of Theodore Harold White(1915-1985).  The book’s title is “In search of Histroy”.  He is an American who stayed in China as embedded journalist from 1939 to 1945 at Japan-Sino e3381.jpgWar. He wrote in “In Search of Histroy” as following,

I began by asking Chennault, off the record, where and how his great feud with Stilwell had begun. “That whorehouse of mine,” he said obliquely. His first breach with Stilwell—over a whorehouse! Chennault’s early strategy in 1942 rested on a strike force of fewer than 80 planes. But sometimes as many as half his planes might be flyingtigers1.jpggrounded by accidents of casual copulation—ground and air crews both being hospitalized for infections acquired in Kunming’s famous Slit Alley. Venereal disease reduced Chennault’s combat effectiveness as if his planes had been bombed on the ground. Intolerable. Thus, since he could not pen up his young Americans in stockades, he must recognize their appetites, i-chiang-3001.jpgyet protect their health to keep his planes flying. Therefore Chennault had sent a U.S. Air Corps plane, with a medical crew aboard, over the Hump to India, where 12 nondiseased Indian prostitutes had been inspected, medically cleared and recruited for the service of the China Air Task Force; and had flown them back in an American plane to our forward strike base, where the air and ground crews might dally with them and not be infected.

1942年、中国の蒋介石を支援するべくインドから中国の重慶に向かって武器弾薬や物資の空輸作戦(80機)を指揮した米軍のシェンノート少将は、パイロットの半分が昆明の売春宿で性病を患ったため、作戦を中止せざるを得なくなった。そこで病気を持たないインドの慰安婦 12人を前線基地に連行し、性病の蔓延を防いだというのである。

【邦題:歴史の探求・上】P.183より

1942年のシェンノートの戦略は、80機にも満たぬ攻撃力にかかっていた。あとからiyami1.gif考えれば何と取るに足りぬ戦略であっただろう!しかも時にはその半数ほどが、無頓着な性交という事故で飛び立てなかったのである。昆明の有名な売春宿でもらった性病のおかげで、地上員や乗組員が入院させられた。シェンノートの飛行機が地上で爆撃されたかのように、性病は戦闘能力をそいだ。これは堪えがたいことだった。かといって若い兵士を営倉に囲っておくわけにもいかぬから、彼らの性欲を高め、なおかつ飛行機も飛ばせられるよう、健康を管理してやらねばならない。そこでシェンノートはアメリカ空軍機に医療員を乗せて「こぶ(ハンプ)」(ヒマラヤ山脈の山脚)の彼方のインドまで飛ばした。そして病気のかかっていない12人のインド人売春婦を検査、医学的に処理して中国空軍特別部隊用に雇わせ、一同を引き連れて前線の攻撃基地に戻らせた。地上員も乗組員も彼女らと遊べる上に病気も移らないというわけだ。

まあ、なんともお笑いですね。マイク・ホンダ議員には心からの反省と謝罪を要求し、全米の小学校で上記の記述を歴史の教科書に記載するようお願いしたいものです。

TAMAGAWABOAT  oyaji-beer2.gif

TOP PAGE OF “AS SUBJECTIVELY AS POSSIBLE”  

| PHOTOS OF NANKING MASSACRE THE NEWS OF NANJING MASSACRE |  THE TRUTH OF NANJING MASSACRE  | ANTI-JAPAN EDUCATION IN CHINA |  THE PEACEFUL NEW YEAR 1938 IN NANJING  | “RAPE OF NANKING” is “FAKE OF NANKING” NOBODY WITNESSED MURDERS ACTUALLY  | RABE IS NANJING’s SUGIHARA!? NO WAY!! | TESTIMONY IS NOT EVIDENCE TED LEONSIS SCATTERS THE PROTOCOLS OF THE ELDERS OF ZION |JAPAN FOUGHT AGAINST NAZIS IN CHINA | THE PROPOSAL FOR FILM “NANKING”  |“NANKING” is Documentary or Propaganda?  | 

banner_022.gif

ABE DENIED EX-COMFORT WOMEN’S TESTIMONIES March 6, 2007

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, COMFORT WOMAN, History.
2 comments

20070305-00000016-maip-pol-view-0001.jpgPrime Minister ABE Shinzo said there is no need for Japan to make a fresh apology for forcing women from other parts of Asia into sexual servitude for the Japanese military during the war, even if the U.S. Congress passes a resolution calling on him to do so.

“We will not apologize because of a resolution,” Abe told the House of Councilors Budget Committee, referring to the draft resolution on the table at the U.S. House Foreign Affairs Committee. ”The draft resolution is not based on objective facts nor does it reflect the Japanese government’s responses so far,” 71161.jpghe said.

Abe reiterated he will stand by the government’s 1993 statement acknowledging and apologizing for the forced recruitment (*in wide sense) of what Japan euphemistically referred to as “comfort women” in Korean Peninsula and China. He was responding to a question from a Democratic Party of Japan lawmaker. Abe made the remarks after drawing a strong protest from South Korea by saying last week there is no evidence to back claims that the Japanese military used coercion to force the women into frontline brothels.

Tokyo, in the 1993 statement issued by then Chief Cabinet Secretary KONO Yohei , acknowledged the Imperial Japanese Army was involved in forcing(*in a wide sense) women in Asia into sexual servitude for its soldiers at frontline brothels.
200609011157047397510507001.jpg

*”forcing” in a wide sense:  for example, though the person didn’t want to be a prostitute,  she had no choice but to be a prostitute because of family circumstances.  There is not evidence to prove that military police men visited each house and kidnapped women against their intentions. However,  KONO Yohei’s statement acknowledged that Japanese military had something to do with recruitments. 
Testimony is not evidence. Testimony is always required its credibility.  Testimony is always required its proof.  There is no evidence to prove that Japanese military forced prostitution on ex-comfort women at all.   There is not even testimony that someone saw they were kidnapped by someone. Their testimonies have often been changed.  Their testimonies are not consistency.  Who can trust their testimoies?  There are many evidences to prove that ex-comfort women applied for the job by their intentions.

証言と証拠は違う。証言は常にその信憑性が問われる。証言には裏づけが必要とされる。その証言がたびたびコロコロと変わり、一貫性がない。また、その証言そのものが当時の状況と合致していないのであれば、その証言はまったく信憑性がないことになる。つまり、その証言は嘘になるのだ。日本軍が彼女らに売春を強制したとする証拠はない。彼女らが自らの意思で望んで慰安婦という仕事に応募した証拠がいくらでもある。私が思うには、元慰安婦たちは「激しい怒り」の感情を日本政府にぶつけているが、その証言が嘘であるならば、彼女らの行為は、日本という国、そして日本人そのものを侮辱している行為であり、むしろ日本人自身が彼女らに対して嫌悪と怒りの感情を抱くのが当然だと思う。

TAMAGAWABOAT  oyaji-beer2.gif


http://www.youtube.com/watch?v=HvWimmKifOs

TOP PAGE OF “AS SUBJECTIVELY AS POSSIBLE”  

| PHOTOS OF NANKING MASSACRE THE NEWS OF NANJING MASSACRE |  THE TRUTH OF NANJING MASSACRE  | ANTI-JAPAN EDUCATION IN CHINA |  THE PEACEFUL NEW YEAR 1938 IN NANJING  | “RAPE OF NANKING” is “FAKE OF NANKING” NOBODY WITNESSED MURDERS ACTUALLY  | RABE IS NANJING’s SUGIHARA!? NO WAY!! | TESTIMONY IS NOT EVIDENCE TED LEONSIS SCATTERS THE PROTOCOLS OF THE ELDERS OF ZION |JAPAN FOUGHT AGAINST NAZIS IN CHINA | THE PROPOSAL FOR FILM “NANKING”  |“NANKING” is Documentary or Propaganda?  | 

banner_022.gif

PROTEST AGAINST HONDA’S RESOLUTION CONCERNING COMFORT WOMAN February 20, 2007

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, COMFORT WOMAN, History.
7 comments

honda_mike1.jpgRE: An Open letter to Representative Honda
The Honorable Mike Honda
UNITED STATES HOUSE OF REPRESENTATIVES

Dear Representative Honda:

On January 31, 2007 you, along with six other Representatives, submitted House Resolution 121, which calls on the Japanese government to apologize for having forced young women to become sex slaves during World War II, to the House Committee on Foreign Affairs. The import of Resolution 121 is identical to that of Resolution 759, which expired in committee last year.

On September 28, 2006, we sent the attached letter to all members of the House of Representatives. In it, we indicated that the accusations in Resolution 759 were exceedingly unjust and based on gross distortions of historical fact. Accordingly, we find it very difficult to comprehend your reasons for submitting this resolution.. We strongly urge you to withdraw it without delay.

If you choose not to withdraw Resolution 121, you must shoulder the burden of disproving historical fact as outlined in the aforementioned letter. The persons referred to as “comfort women” were prostitutes (a legal profession at the time) working in brothels; they were indisputably not coerced to engage in such activities by the Japanese military.

We would like to draw particular attention to excerpts from two official U.S. military records cited in our letter. The first is a report issued by the United States Office of War Information, Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Forces, India-Burma Theater, which states that ”comfort girls” are nothing more than a prostitute or professional “camp follower”, and the girls’ average total monthly earnings were 1,500 yen, and 750 yen went to their master. (The monthly salary of a sergeant in the Japanese Army at the time was 30 yen; thus, the prostitutes made over 25 times more!)

The second can be found in depositions taken from three Korean civilian employees of the Japanese army, who stated the following: In the battle zones of the Pacific War, the Korean comfort women we met were all either volunteers, or women who had been sold by their parents. If the women had been victims of coercion, all the Koreans both young and old would have risen up in rage, and regardless of whatever retaliation, killed the Japanese (from Composite Report on Three Korean Civilians, List No. 78, dated 28 March 1945, “Special Question on Koreans” in the U.S. National Archives).

We also attach a research paper that describes the comfort women, and how misunderstandings about them originated in Japan and grew into an international problem of monumental proportions. It also discusses how the various nations involved in the Pacific War dealt with the sexual needs of their military personnel in battle zones. It is our fervent hope that you will read it and the other attachment, and, thus, arrive at an accurate understanding of the comfort women and their circumstances.

We appeal to your wisdom and sense of justice, as this is a matter of honor for us, as Japanese, and also affects the human rights of all concerned. We look forward to your reply.

Very truly yours,

kase1.jpgKASE Hideaki
Chairman
SOCIETY FOR THE DISSEMINATION
OF HISTORICAL FACT

(簡訳)
貴殿は2007年1月31日、6人の議員とともに、「日本は若い女性を強制して性的奴隷である慰安婦とした事を認めて謝罪すべきである」という趣旨の決議案121号をアメリカ下院外交委員会に提出した。この決議案は昨年12月8日廃案となった、決議案759号と全く同趣旨のものである。われわれは、昨年9月28日に添付の手紙を全下院議員に送り、その決議案が全く歴史的事実を無視し、歪曲した主張の上に成り立つ極めて不当な内容であることを訴えた。しかるに、貴殿らが再び不当きわまる決議案を上程しようとしているのは、はなはだ理解に苦しむものである。直ちに撤回することを強く要求するものである。

もし貴殿が撤回をしないということであるなら、貴殿は添付した手紙でわれわれが提示した歴史的事実、すなわち慰安婦は当時合法的な職業として認められた売春宿で働いていた売春婦であり、軍の強制によるものは全くなかったという基本的な事実に反証してからにすべきである。

特にわれわれが強調したいのは、われわれが手紙で引用した米軍の2件の公式記録、UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION, Psychological Warfare Team, Attached to U.S. Army Forces India-Burma Theater および Composite Report on three Korean Civilians List No.78, dated 28 March 1945, “Special Question on Koreans” (U. S. National Archives に記述された「”慰安ian-thumb1.gif婦”とは売春婦に過ぎない」「月平均で1500円の総収入を上げ(債務者の)マスターに750円を返還する(筆者注:日本軍曹の月給は30円、したがってその25倍稼いでいた)」、「太平洋の戦場で会った朝鮮人慰安婦はすべて志願か、両親に売られたものばかりである。もし女性達を強制動員すれば老人も若者も激怒して決起し、どんな報復を受けようと日本人を殺すだろう」(朝鮮人軍属の証言)などの情報は、正しくないということを貴殿は証明する義務があるということである。さもないとアメリカの公式記録を貴殿は最初から価値なき虚偽文書とみなしていることになるからである。

慰安婦とはどのような存在であったのか、何故いわゆる慰安婦問題が日本で起こり、それが国際的な話題となったのか、そして大きな誤解が生じたのか、また戦場における性は各国でどのように処理されていたのか、などについて一つの論文をご参考までに添付する。これ等の資料をよく検討され、慰安婦の真実の理解を深められることを切望する。

われわれ日本人の名誉がかかった問題であり、また関係するすべての人達の人権にかかわる問題でもある。貴殿の良心を信じて、誠意あるご回答をお待ちするものである。

平成19年2月16日

史実を世界に発信する会
代表
加瀬 英明
http://news-hassin.sejp.net/

TAMAGAWABOAT  oyaji-beer2.gif

TOP PAGE OF “AS SUBJECTIVELY AS POSSIBLE”  

| PHOTOS OF NANKING MASSACRE THE NEWS OF NANJING MASSACRE |  THE TRUTH OF NANJING MASSACRE  | ANTI-JAPAN EDUCATION IN CHINA |  THE PEACEFUL NEW YEAR 1938 IN NANJING  | “RAPE OF NANKING” is “FAKE OF NANKING” NOBODY WITNESSED MURDERS ACTUALLY  | RABE IS NANJING’s SUGIHARA!? NO WAY!! | TESTIMONY IS NOT EVIDENCE TED LEONSIS SCATTERS THE PROTOCOLS OF THE ELDERS OF ZION |JAPAN FOUGHT AGAINST NAZIS IN CHINA | THE PROPOSAL FOR FILM “NANKING”  |“NANKING” is Documentary or Propaganda?  | 

banner_022.gif

%d bloggers like this: