jump to navigation

靖国神社-彼らは何のために死んだのか? August 18, 2010

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, History, Japan, Japan Bashing, racism, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , , , , ,
trackback

この文は、私が終戦の日を前にして8月13日に、このブログにあげたYasukuni Shrine-3の日本語訳です。ある意図(英語圏の人でなく日本人にぜひ伝えたいという思いがあり、若干、文章を変更しています)があって、和訳の文章は英文とは別のページとしました。

私は、あるユーチューブのビデオを観ました。64回目の大東亜戦争(驚いたことに、アメリカでは大東亜戦争のことを太平洋戦争と呼ぶらしい。中国戦線やビルマ戦線も太平洋なのか?)の終戦の日にあたる昨年の8月15日、靖国神社にて、ピエール・パリゾというカナダ人(フランス系かな?)が田母神俊雄・元航空幕僚長に対して失礼な言葉をかけ、周囲にいた人たちとの間で、ちょっとしたいざかいを起こしたというビデオです。ピエール・パリゾ氏は、講演を終えてあるケーブルテレビのインタビューに答えていた田母神氏に対して、突然、挑発的な言葉を投げかけました。「あなたがドイツ人だったら、あなたは憲法違反で逮捕されますよ。それをどう思いますか?」と。田母神氏の講演を聞いていた何人かの日本人が、このパリゾ氏の田母神氏に対する失礼な言葉に怒りをあらわにしました。

私は、日本人がパリゾ氏に対して怒る気持ちはわかります。しかし、このカナダ人にただどなり散らす日本人たちの態度にも少々がっかりしました。というのも、このカナダ人は日本人を最初から挑発しようと思ってわざと田母神氏に失礼な言葉をかけたことを、周囲にいた人たちは理解すべきでした。(しかしながら、彼らはその挑発に乗ってしまったのです) そして、私たち日本人が理解すべきことは、日本に滞在する欧米人10人のうち9人以上が、靖国神社や田母神論文について、このカナダ人・パリゾ氏と同様な考え方を持っているという現実を理解すべきです。ピエール・パリゾ氏は、過去に2~3回ほどジャパン・タイムズ紙に、靖国神社について否定的な記事を書いています。ほとんどの欧米人たちが、特に連合国(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)の人々は、自分たちは65年前、非人道的な独裁国家と戦い、そして人々をそれから解放したのだといった、いわゆるステレオタイプを持っています。それゆえ、連合国の人々が持つ歴史観を否定したり、それに反論するような人が現れたりすると、彼らは、決まってパブロフの条件反射のごとく、歴史修正主義者としてレッテルを貼ろうとするのです。右翼という言葉は、外国メディアによって、日本における歴史修正主義者という言葉に代わって用いられる用語です。歴史観の異なる相手に対して、しきりに歴史修正主義者とか右翼といったレッテルを貼ろうとする欧米人のほとんどが、実は最初から、歴史について議論などしようなどとは願ってはいません。だからこそ、ピエール・パリゾ氏は田母神氏に失礼な言葉を吐いた後、わざと顔にニタニタと嘲るかのような笑みを浮かべ、そしてそそくさと靖国神社から逃げるように去っていったのです。このカナダ人の最初からの目的が、日本人たちをただただ怒らせるつもりで、挑発したかっただけだったのは明らかなのです。(彼らって、結構悪質です) それで彼は何を欲してこうした行為をとったと思いますか?それは日本人に対する優越感でした。

実は、私も、ほんの数年前まで、ピエール・パリゾ氏と同様に、己の無知からくる思い込みで靖国神社に対するある種のレッテルを貼っていました。私は、靖国について、毒が盛られ耳をつんざく迷惑な音を撒き散らす右翼の下品極まりない黒い街宣車のイメージを持っていました。しかしながら、はじめて靖国の遊就館に入り、戦争で亡くなった6千を超える方たちの遺影の前に立ち、そして、たくさんの人々が残していった遺書を丹念にひとつひとつ読んでいくにつれ、私は、彼らが何のために死んでいったのかを理解し、遺書の中に、光輝く「人間の尊厳」を見ました。これほど眩しい「人間の尊厳」をかつて見たことは今でもありません。日本人は「人間の尊厳」などといった言葉を日ごろ簡単に使いますが、生まれながらにして「人間の尊厳」なんてあるとは私は思いません。自分の身を投げ出してまで、自分を犠牲にしてまで、他の人間を救おうとする姿、その瞬間こそ、人間は尊厳で輝くのだと思いました。

いったい彼らは何のために死んだのでしょうか。もし、あなたも先に述べたような思い込みしか持たないとすると、たぶん、あなたは「彼らは天皇のために死んだ」と答えるでしょうが。靖国神社・遊就館には、家族に宛てたたくさんの遺書がありました。これらたくさんの遺書は、なぜ彼らが命を懸けて戦ったのか、彼らは何を必死に守ろうとしたのかを私たちにに語りかけてきます。彼らには、命を懸けるだけの価値のあるものがあったのです。命と引き換えにするだけの価値があるものが、実はあったのです。妻、娘、息子、母親、そしてふるさと。彼らは命を賭してでも守るべきもがあったのです。私は問いたい。今の日本人にそれがありますか?今の日本人に命を賭すだけの価値あるものがありますか?その覚悟がありますかと。たとえ、戦場で「天皇陛下、ばんざい」と叫んで死んだとしても、彼らの最後の瞬間まで、いつも彼らの心と一緒にいたのは家族だったのです。そして最も私たちにとって重要なことは、これらの遺書は、日本の未来を将来の世代に託して死んでいったことです。死を決意し壮絶な想いで書き記した言葉と文字、それらは、どんな言葉よりも重いのです。彼らは日本の未来を、今に生きる私たちに託して逝ったのです。ですから、当然、命を懸けてこの国を守ろうとした人々の遺志を無視することは、決してあってはならないのです。しかしながら、日本のために人々が、今日の日本の有様を見たらどう思うでしょうか。子供が親を殺し、金と女に溺れる腐敗しきった政治家、そんな心の腐りきった社会のあり様を見たとしたら、きっと彼らはどんなにか嘆き悲しむことでしょう。今日の日本社会の堕落ぶり、日本人が終戦以来、ずっと靖国神社に背を向けてきた65年間の結果なのです。私自身、6年前、靖国神社にはじめて訪ね、そして自分がいかにそれまで感謝知らずの人間であったかを悟りました。

いま日本の政治の世界では、永住外国人に投票権を与えるべきか否かが議論を呼んでいます。私は日本政府にぜひ提案したい。私利私欲に駆られて日本にやってきた外国人に投票権を与える以前に、まずは優先的に靖国神社に英霊として祀られている2,466,532名の方々に投票権を与えるべきだと。私たちは決して忘れてはなりません。日本のために亡くなった2,466,532名の方々は、今を生きる私たちに、この日本を託したことを。私たち日本人は彼らの遺志に忠実に応える義務があるのです。そして、もうすぐ65回目の大東亜戦争の終戦の日がやってきます。靖国神社へ参拝の際には、ぜひ遊就館を訪ね、遺書を通じて彼らの想いに接していただければと思います。

TAMAGAWABOAT
トップページから読む

Yasukuni Shrine-3
駅前のアヘン売人、パチンコ店を排除せよ 

Comments»

1. finalanswer2u - October 14, 2010

じゃ、教えでください、その亡くなった2,466,532名の方々に対し、アジア諸国は何人が亡くなりました?

日本の家族たちのために他の国々に侵略し、そこの人々を殺しました?!

2,466,532の何倍何十倍の死者は何のため殺された?

隣の部屋に侵入して、財産を奪い、住民を殺す、それも自衛行為ですが?それこそ「私利私欲に駆られて」にしがないです。

2. Rocco Siffredi - October 21, 2010

FUCK OFF, EAT SHIT AND DIE, SCUMBAG…

3. Anonymous - February 19, 2011

This building should be pull down
If you arent willing to,
in the future,the day when china and Japan has a war,
our chinese will help you to pull it down.

FUCK YOU ALL JAPANESE!

4. Anonymous - February 19, 2011

sometimes I wonder
WHY didn’t American put the Nuclear Bomb upon TOKYO>>>
WHY didn’t American put the Nuclear Bomb upon TOKYO>>>
WHY didn’t American put the Nuclear Bomb upon TOKYO>>>
WHY didn’t American put the Nuclear Bomb upon TOKYO>>>

5. ゚Д゚ - March 3, 2011

普段、シナ人は自国の共産党は信用出来ないと肌で感じ、まったく信用していないハズなのに…
その共産党の元で教育を受け、彼等の作った歴史観を信じているなんてバカなのですか?
共産党は信じられないけどその共産党が作った教科書は信用出来るのか?
我が国に文句言う前にイギリスとかに言ってこいよ。散々やられたんだろう?
それに現在進行形のチベットの事は知らないふりかΨ(`▽´)Ψ

突っ込みどころ満載にも関わらずスルー推奨なのは本文にも書いてありますがお許しを…

6. 天赐的安宁 - March 22, 2011

日本地震了, 世界人民却得到了意外的天赐的安宁
 日本作为世界重量级国家,它的言行会对世界格局产生一系列的影响,这一点是毋庸置疑的。在日本经济由于欧美经济困局的逐步缓解也在缓慢提升的今天,日本地震,核泄漏,无疑将给本身就没有完全恢复的经济元气日本经济施以重创。

  据有关分析,日本大地震不但会影响到它自身的经济的复苏,甚至会影响到欧美经济的缓慢回升过程,遭遇更为漫长的经济的寒冬。

  然而,负面的一极相对应的就是正面的一极。在日本大地震过程里,亦有国家和人民会受益不浅,震中的日本受损愈大,将意味着它们受益更多。

  自2009年以来,由于 “天安号”事件的原因,朝鲜一直以来,都面对着来自美国和南韩的军事重压。美国和南韩,数次军演,对争议地区进行枪弹互射,甚至把航母开到黄海,公然对朝鲜进行赤裸裸的军事挑衅。而此时,朝鲜一方面,粮食短缺,人民生活面临困难,另一方面,朝鲜第一长官金正日身体不适,急需迅速培养自己的儿子接班,这些方面,都需要有一个相对稳定的国内,国际的大气候。而美国却正是因为了解朝鲜面临的困难,所以抓住机会,步步紧逼。使得本来异常强硬的朝鲜,面临挑战,不得不以守为攻,并逐渐透漏出被动挨打的态势来。

  日本在这个过程里,起到了美国最重要的盟友和经济支撑的作用。在天安舰事件里,虽然该事件,与日本毫无利益关系,但它却不甘寂寞,妄图联合东盟,并公然叫嚣,如果韩国愿意,日本愿意派自卫队参加韩朝新一轮的战争,来积极鼓动和鼓噪朝鲜战争。它的目的只有一个,借新一轮朝鲜危机,用美国之力打击中国,近而趁机夺取钓鱼岛,重温日本帝国的美梦。

  为了扩大朝韩的矛盾对立,在朝韩矛盾积聚升温的时候,日本又推波助澜,在非常时期与美国在日本海搞军事演戏,与美韩军演,相互呼应,向朝鲜和中国展示自己的拳头。这一时期,日本的所作所为,充当着一个幸灾乐祸的下流,丑陋,龌龊的角色。当然,它的目的始终只有一个,搅乱一滩清水,自己渔翁得利。

  假如,没有日本的大地震,在菅直人内阁,岌岌可危的情况之下,为了重树政治形象,挽回败局,在针对俄罗斯,节节败北,颜面尽失的情况之下,挑起新一轮的朝鲜危机,借助美国的力量来争夺中国的钓鱼岛,打压中国将是菅直人政权唯一的首选。

  可以坦白的讲,假如没有这个地震,估计,日本和美国已经在举行更大规模的军演,对朝鲜和中国的新一轮挑衅,已经展开。而估计这一次爆发战争的可能将极大。有人可能会认为,没有日本的支持,美国一样会发动挑衅和战争。美国在东亚的渗入,是想重树自己在东亚地区的存在,加强对该地区的控制;

  另外,还想通过各种手段,打乱中国的发展进程,阻挠中国的进步。打击中国,缓和来自中国的经济,军事挑战,是美国借朝韩危机,重返东亚的另一个重要目的。但是发生战争,并不符合美国的利益。假如需要发动战争,那么美国必须有一个稳定的,富足的日本,为它提供军事基地和经济支援。这在历次海湾战争中,早有体现。尤其,面对的是经济世界第二的中国,美国更加需要这种支持。

  日本地震,不仅使得军事对抗异常激烈的东亚地区的局势有所缓和,而且对于整个世界的和平,起到了至关重要的作用。

  日本的地震,不仅朝鲜和中国,有机会避免大的战争冲突。也挽回了在日本的恶意战争鼓噪下,将整个东亚,甚至世界陷入战争的泥沼的可能性。

  在世界的另一个地方,有一个人估计正在预祝日本的地震来的更强烈些吧!他就是卡扎菲。对于一个独裁者,我们切不去置评。然而,无可否认,在利比亚乱局的此时此刻,日本发生地震,无疑是在帮助卡扎菲减轻来自于欧美国家的关注度,而可以专心的为自己的政权而战。

  二战以来,在冷战结束,美国一国独大的今天,世界任何角落发生什么大的事件,背后,都会有美国的身影在期间。据说,利比亚乱局也是有美国在暗中操作。世人都知道,美国最恨的现政权,非卡扎菲莫属。在利比亚骚乱伊始,美国就迫不及待的打算要出兵干预。估计,按照美国人的做派,在卡扎菲领导的政府军节节胜利的时候,美国人一定会打着维护人权的幌子,派兵入侵利比亚了。

  当然,向有些人认为的,美国怕深陷利比亚内战泥沼,而顾虑重重。其实,对于还在经济低迷里徘徊的美国而言,出兵真正最头疼的还是经济问题。

  两次海湾战争里,日本都是最大的被美国绑在战车上的冤大头。动辄百亿的强力支持,是美国发动战争,无法离开的保障。而今天,面对利比亚政府军节节胜利的战局,在日本政府自顾不暇的现在,促襟见肘的美国也不得不停下自己四处染指,横行霸道的战争机器。

  利比亚的内乱,毫无疑问的是美国处心积虑的推翻卡扎菲等待和制造的一次难得的机遇。因日本爆发地震而被阻碍。就此来说,日本地震确确实实的是帮了卡扎菲的一个大忙。

  然而,因日本地震而收益的国家和地区,远不止这些。当年,由美国一手导演的橙色革命,人们还记忆犹新。大批的东欧国家,纷纷爆发内乱,共产党领导的现政府纷纷倒台。而历史到了今天,在希腊,利比亚政权,纷纷陷入内乱之际,就由诸多的传言说美国可能意图把这一事件,变成新一轮的橙色革命,引入包括中国的其他国家。

  关于这个消息,包括中国的主流媒体,都进行了批驳。可见,并非空穴来风。而日本的地震,可以说,意外的打乱了美国的相关部署。就目前来看,日本地震引发核泄漏,这一事件的处理,将牵制日本政府的大量的精力和相当长的时间。而因此导致的日本经济的长时间的衰落,也在所难免。没有日本这个钱袋子,美国的一切诡计,将很难展开。所以,日本的地震,将会成为美国树立霸权,挥舞大棒的绊脚石。

  日本地震了,抛开人道主义,世界人民却得到了意外的天赐的安宁。尤其是亚洲。

  日本是一个最崇尚武力的帝国意识非常浓的国家。由于地域狭小,国民具有极强的危机感。而这种危机感被极端强化的终极结果,就是不惜一切的对外掠夺。这是建立在国民性基础上的对日本军国主义猖獗的最合理解释。

  为了自己的生存,他们不惜去剥夺他人的生存权。这是日本国民性的最大特点。日本的地震,推迟了这种国民性的爆发。但是我们在感慨之余,却也不能忽视一个现实的存在。那就是在生存空间急剧被压缩的时候,日本人的剧烈反弹。在18世纪,日本就是在面临亡国的外力之下,推翻幕府统治,开始了对外侵略历史的。所以在日本地震爆发的今天,我们有必要保持审视的态度,随时对这个有可能发生变异的怪胎保持戒备。

7. 金美齢ファンクラブ - May 23, 2011

老天有眼!最好在东京呵!
やっぱ神様はいるな!東京に地震来いよ!

地震了?好吧,我承认我笑了
地震だ?うん、笑ったよ。認めるw
⋯⋯
来个12级。把它给我震平了
マグニチュード12くらい来いよな。

祝贺祝贺。让海啸去得更猛一些吧
祝いだ、祝い。デカい津波も来るといいな。

今天是个好日子
今日はいい日だな。

今年听到的最棒的好消息了
今年に入って最高のニュース。

是个好消失,死点人更好,死绝了更爽
確かにいいニュースだ。死者が出ればいいな。絶滅したらもっといいけど。

7.2级都没有伤亡报告和财产损失???失望啊
M7.2で死傷者も何のダメージも無いだと??失望したぜ。

我是不是太坏了?为什么我老是希望日本岛被水淹没了?
オレって悪いヤツかな?いつも日本が沈没したらいいと思ってるんだが。

http://mantou.at.webry.info/201103/article_3.html

8. にゃおす - August 17, 2013

先に侵略していたのは、オランダ、イギリス、アメリカ、フランスですね。
日本が戦ったのは、その侵略していた欧米諸国です。
アジアの国々は、そのころ国家として独立存在していませんでしたから。
それから、亡くなった人を悼むということは、その反対に何人を殺したか、という主張とは全く別の次元のことだと思います。
また、それ以上の人が日本国内で空襲や原爆で亡くなりましたよ。
アーリントン墓地には、ベトナム戦争やイラク戦争で亡くなった米兵も埋葬されていますが、
そこに対して、何人のベトナム人やイラク人がなくなった、と問う人はアメリカ人の中にいませんね。


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: