jump to navigation

日本人とは何か(2) February 17, 2009

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, History, Japan, Japanese.
Tags: , , , , , ,
trackback

fukushima_mizuho1今の日本のマスコミは、韓国から帰化した人や中国から日本に帰化した人のことを韓国系日本人とか中国系日本人と呼んだりする。しかしながら、その「韓国系」という呼び方、その「中国系」といった呼び方が、実はいかに滑稽なものなのか、「日本人とは何か(1)」に挙げた「ソ連系日本人」といった奇妙な響きを持つ言葉を思い返せば、それがわかるはずだ。「ソ連人」という言葉は、ソ連という国の人を表す言葉として、ソビエト連邦崩壊(1991年)まで使用された。そしてソビエト連邦崩壊の後、ソ連人という国家形態に属する人たちを表してきた言葉は、それぞれ民族毎にロシア人・ウクライナ人・カザフスタン人・ベラルーシ人・ウズベキスタン人等々の言葉になった。否、元の自然な言葉に戻っていっただけに過ぎない。

韓国人という言葉も中国人という言葉も国家組織に属する人々を表す言葉に過ぎない。韓国は大韓民国の略称であるが、彼ら自身、「朝鮮人」と日本人から呼ばれることを嫌い、日本人に対して「韓国人と呼べ」と尊大にして傲慢にも強要した言葉である。言うまでもなく、朝鮮民族は南北に分断され、北にある朝鮮民主主義人民共和国の人々は、日本においても昔同様に「朝鮮人」と呼ばれ続け、いわゆる韓国人は、その「朝鮮人」を「同胞(同じ民族)」といった言葉で表す。日本人が、いわゆる韓国人の尊大で傲慢な強要に従うのであれば、われわれ日本人は、北朝鮮に住む朝鮮人たちをどう呼べばよいのだろうか?「北韓国人」とでも呼べば、彼らは気が済むのであろうか?韓国という国が北朝鮮に併合されたから、今度は何と呼べばよいのだろうか?いちいち国情の変化に伴って「ある特定の人々」を表す呼称が変わること自体、奇妙なことだと日本人は気づくべきだ。国情の変化にかかわらず、普遍的な(時間を超えて、空間を越えて)「ある特定の人々」を表す呼称がある。それが民族名だ。であれば、朝鮮民族を表す言葉は、韓国人でもなければ、北朝鮮人でもない。北朝鮮人でもなければ南朝鮮人でもない。朝鮮人は朝鮮人なのだ。南北朝鮮には関係なく、北朝鮮から日本へ帰化した人間、韓国から日本へ帰化した人間、ともに朝鮮系日本人であり、韓国系日本人という呼び名はありえない。東西に分断されていたドイツ。東と西に住んでいた人々をともに同じドイツ人と呼んだように。

china221次に、中国人という呼び方。これは現代の日本社会における中華人民共和国に属する人々の呼称である。否、正確に言えば、中国といった呼称にいつの間にかなってしまった。40~50年前までは、いわゆる中国のことを「支那(シナ)」と呼んでいた。支那(シナ)の語源は、紀元前221年に、今のいわゆる中国、すなわち漢民族をはじめて統一した秦にある。shina英語のChinaもこの秦が語源だ。いわゆる中国の歴史は、この統一された紀元前221年に始まると考えるべきで、いわゆる中国は二千二百年ほどの歴史を持っている。(明星食品の即席ラーメン中華三昧が「中国4千年の歴史・・・」と謳っていたが、とんでもないデタラメなんだ) 秦の統一以来、秦から漢へ、隋から唐へと王朝が変わるたびに国名を変更。1912年の辛亥革命で清が倒れ、中華民国が成立。そして自ら、それを略して「中国」と呼び始めた。しかしながら、世界は、紀元前221年に統一された漢民族の国を一貫して「China」と呼び続けている。1937年に起こった支那事変は、いまでも英語ではSino-Japanese War(注;Sinoはサイノと発音する)と呼ばれる。日本の教科書において、支那事変という歴史的事件の呼称が「日中戦争」に次々に書き換えられていったのは1970年以降のことだ。(3に続く)

TAMAGAWABOAT oyaji-beer1.gif
トップページから読む
日本人とは何か(1)
女性専用車両-創価学会によって日本社会に注入された猛毒
やめたいけど、やめられない-パチンコ依存症
駅前のアヘン売人、パチンコ店を排除せよ。

Comments»

1. KITA - February 18, 2009

タマガワさん、
いつも喉元まで出掛かっているのに、
何と表現していいかわからなかったこと、
言葉にしていただいて有難う。
「日本人とは何か」のその3も期待しています。

2. 日本国籍華人 - January 1, 2010

西松建設 強制連行中国人と和解

第2次大戦中、中国人労働者を強制連行した日本の西松建設(旧西松組)が23日、強制連行労働者と正式に和解した。西松は労働者に謝罪するとともに、記念碑を建立し、同時に2億5000万円の和解金を支払うことを約束した。

双方は同日午前、東京簡易裁判所で正式な和解手続きをとった。和解書によると、西松は第2次大戦中に360人の中国人を強制連行した事実を認め、生存者と遺族に謝罪した。また後世の教育のため、強制労働場所の安野発電所に記念碑を建立する。このほか、西松は2億5000万円を拠出して、360人の労働者の補償、行方不明者捜し、記念碑建立の費用に充てる。

今回の和解交渉は西松側が今年4月、強制連行労働者側に申し入れ、8人の労働者と遺族がこれに応じた。この和解に合意するほか、双方は、▽最高裁判決が西松の法的責任を否定したことについて、西松は同じ見解をとるが、労働者側はそれを認めない▽他の労働者や遺族が上記和解案の受け入れを望まない場合、上記和解はその賠償の権利を奪えない―ことを法律の形式で確認した。

今回の和解について、強制連行中国人側は声明を発表し、和解案はわれわれがこれまで求めてきた「公の謝罪」、「記念碑(館)建立」と「損害賠償」の目標に近いものだ、われわれは進んで和解を提起した西松の勇気を肯定的に評価すると述べた。しかし同時に、今回の和解は必ずしもわれわれの思い通りでなかったところもあり、関係企業と日本政府が今回の和解を契機に、中国人強制連行問題解決のために積極的に努力し、早急にこの問題と過去の責任の全面的で適切な解決をはかるよう希望すると指摘している。

1944年、360人の中国人が西松組によって広島安野発電所の工事現場に強制連行され、日本の敗戦まで重労働に従事させられ、うち29人が虐待で死んだり、中国に帰る汽船で死んだりした。1998年、5人の労働者と遺族が西松に対し賠償を求める訴えを広島地裁に起こした。

広島地裁は2002年7月1審判決を下し、西松が法的責任を負わなければならないことは認めたが、20年の時効が過ぎていることを理由に、原告の訴えを棄却した。04年7月、広島高裁は原告勝訴の2審判決を言い渡した。しかし最高裁は07年4月原告敗訴の終審判決を下した。ただ同時に、被害者は大きな精神的肉体的苦しみを受け、西松は中国人強制労働によって相応の利益を得ており、西松を含む関係者が「被害の救済に向けた努力をすることが期待される」とした。原告側はこの後ずっと、西松に問題解決の措置をとるよう求めていた。

(東京10月23日発新華社)

3. 日本国籍華人 - January 1, 2010

西松建設」訴訟判決に関するコメント 中国外交部報道官

2007/04/28

 日本の最高裁が27日、「西松建設」賠償訴訟の上告審判決を言い渡したことに関する劉建超外交部報道官の同日の一問一答は次の通り。

 問 日本の最高裁は27日、日本が中国の侵略していた時期に被害を受けた中国人労働者が日本の建築会社「西松建設」に対して起こした賠償訴訟についての上告審判決を言い渡し、中国政府が「中日共同声明」の中で放棄した対日戦争賠償請求権は個人の損害賠償等の請求権を含めていると解釈できるとの考えを示した。これは中国政府による対日戦争賠償請求権放棄問題について、日本の最高裁が一方的に行った司法解釈である。これについて中国側のコメントをもらいたい。

 答 中国政府が「中日共同声明」の中で明らかにした対日戦争賠償請求権の放棄は両国人民の友好と共存に着眼して行った政治的な決断である。中国側が再三にわたって行った厳正な申し入れを顧みず、この条項を一方的に解釈した日本最高裁の行為に我々は強く反対する。

 日本最高裁が「中日共同声明」について行った解釈は違法なものであり、無効だ。中国側の関心に真剣に対処し、この問題を適切に処理するよう我々は日本政府に求める。

 日本は中国侵略戦争中、中国人民を強制連行し、奴隷のように扱った。これは日本軍国主義が中国人民に対して犯した重大な犯罪行為であり、現在も適切に処理されていない現実的で重大な人権問題でもある。中国側はすでに、歴史に責任を負う姿勢で問題を適切に処理するよう日本側に求めた。

(27日の中国外交部ホームページ)

4. 日本人とは何か(1) « as subjectively as possible - April 21, 2010

[…] 余談だが、ひょっとしたら、アメリカ合衆国という国が数年後に3つぐらいに分裂するかもしれない。アラスカやテキサスがカリフォルニアがアメリカから独立するかもしれない。白い人も黒い人も黄色い人もみんな「カリフォルニア人」か?アフリカ系カリフォルニア人?アジア系カリフォルニア人などという言葉がまた作られるのか?(日本人とは何か(2)に続く) […]

5. tboulxjapfk@gmail.com - October 18, 2013

・PIW東京公演最終日(7月15日)の2公演が収録され、8月9日夜、BSジャパンにて2時間枠で放送されるそうです。安藤さんはこの公演では連日、昼はAmazing Grace、夜はMusic of the Nightを披露していました。どちらが(どちらも?)見られるか楽しみですね。


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: