jump to navigation

Yasukuni Shrine – 1 August 13, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll, History, Nanking Massacre, WW2, Yasukuni.
Tags: , , , , , , , , , , , , ,
trackback

On August 15th, Yasukuni Shrine (Yasukuni Jinja) is in the news every year. August 15th in 1945 is the day that Japan made an unconditional surrender, which led to the end of the Pacific War .

Just a week earlier, on August 9th, 1945, an American B-29 dropped the world’s second atomic bomb on Nagasaki City after Hiroshima City.  The second atomic bomb was different type from the atomic bomb dropped on Hiroshima City. America had never carried out an air raid on both Hiroshima and Nagasaki before dropping atomic bombs. America planned atomic bombing with meticulous care intending to determine the effect of two different atomic bombs. Moreover, America set bombing target not at military facilities or industrial area but at densely-inhabited district where noncombatants (=civilian) lived. America dropped two different atomic bombs (plutonium type and uranium type) on about 590 thousand noncombatants’ heads(then population, Hiroshima=350 thousand  Nagasaki=240 thousand) . In Hiroshima, Over 140 thousand noncombatants were burned alive and died in great agony.  In Nagasaki, 75 thousand noncombatants were burned alive and died in great agony. Most victims were women and children and older folks who unarmed people not related to the war.

On August 10th in 1945, through the government of Switzerland, Japan protested strongly against the United States that used inhumane multicide weapons (=mass-destruction weapons) targeted at innocent civilian in defiance of international laws. It was obvious that the United States conducted experiments on human bodies intending to determine the effect of two different atomic bombs. Hiroshima and Nagasaki are what we should call unforgivable “Holocaust”.  We Japanese know well that many Americans try desperately to justify this unforgivable Holocaust far worse than Auschwitz, by framing the Japanese army up for various war crimes, including the Nanking Massacre and prisoner abuse.

GHQ (General Headquarters of the Allied Forces) took over NHK (Nippon Hoso Kyokai: NHK was the public radio organization then, and there were numerous regional private broadcast stations throughout the country.) and got NHK to start new radio program called “Shinso-Bako” (Shinso=truth, Bako=box) on December 8th in 1945. The radio program “Shinso-Bako” had been broadcast for 4 years and implanted Japanese Army’s various war crimes in the Japanese people’s mind. 

The radio program “Shinso-Bako” was projected by CIS of GHQ (CIS: Civil Information and Education Section), CIS wrote scripts and dramatized them. GHQ brainwashed the Japanese people using the radio program “Shinso-Bako” and led the Japanese people to develop dislike for “Japan in pre-World War II”. The radio program “Shinso-Bako” was groundless black propaganda which misled the Japanese people into believing that the Allied Forces was the liberation army that had liberated the Japanese people from the domination of barbaric Japanese Army.  The radio program “Shinso-Bako”  was written in the book “Free the Japanese people from a spell of Shinso-Bako” (Sakurai Yoshiko).

Many Japanese people have become to know the truth of history and have been released from GHQ’s anti-Japanese brainwashing.  Not only the Japanese people but also the world see Iraq and Afghanistan.  Has the United States found mass-destruction weapons in Iraq yet? It’s obvious that the United States used mass-destruction weapons to justify the aggressive war against Iraq. It’s obvious that  the U.S. military committed torture on innocent Afghans systematically ignoring the Geneva Convention.  The United States is doing the same things in Iraq and Afghanistan as this nation did 63 years ago.  Successive presidents of the United States have never once visited Hiroshima or Nagasaki. Successive presidents of the United States have never once put an apology for America’s Holocaust into words. (to be continued)

Hiroshima, Nagasaki and Pearl Harbor

A part of the Tokyo Tribunal of War Criminals – atomic bomb

http://youtube.com/watch?v=ARaFqgF1m5g

New-Type, Cruel Bomb Ignoring International law
Imperial Govern-ment Protest to the Government of the United States.
August 10, 1945

   With regard to the attack by a new-type bomb on the city of Hiroshima by a B-29 bomber on the 6th inst. the Imperial Government filed the following protest on the 10th inst. to the Government of the United States through the Government of Switzerland, and gave instructions to the Japanese Minister to Switzerland, Kase, to make the explanation of explanation of the same effect to the Inter-national Committee of Red Cross.

Protest against the Attack of a New-Type Bomb by American Airplane

On the 6th of this month, an airplane of the United States dropped a new-type bomb on the urban district of the city of Hiroshima, and it killed and wounded a large number of the citizens and destroyed the bulk of the city. The city of Hiroshima is an crdinary local city which is not provided with any military defensive preparations or establishments, and the whole city has not a character of a military objective. In the statement on the aerial bom-bardment in this case, the United States President “Truman” asserts that they will destroy docks, factories and transport facilities. However, since the bomb in this case, dropped by a parachute, explodes in the air and extends the destructive effect to quite a wide sphere, it is clear to be quite impossible in technique to limit the effect of attack thereby to such specific objectives as mentioned above; and the above efficiency of the bomb in this case is already known to the United States. In the light of the actual state of damage, the damaged district covers a wide area, and those who were in the district were all killed indiscriminately by bomb-shell blast and radiant heat without dis-tinction of combatant or non-combatant or of age or sex. The damaged sphere is general and immense, and judging from the individual state of injury, the bomb in this case should be said to be the most cruel one that ever existed.

It is a fundamental principle of international law in time of war that a belligerent has not an unlimited right in chosing the means of injuring the enemy, and should not use such weapons, projectiles, and other material as cause unnecessary pain; and these are each expressly stipulated in the annex of the Convention respecting the Laws and Customs of War on Land and artices 22 and 23(e) of the Regulations respecting the Laws and Customs of War on Land. Since the beginning of the present World War, the Government of the United States has declared repeatedly that the use of poison or other inhumane methods of warfare has been regarded as illegal by the pubic opin-ion in civilized countries, and that the United States would not use these methods of warfare unless the other countries used these first. However, the bomb in this case, which the United States used this time, exceeds by far the indiscriminate and cruel character of efficiency, the poison and other weapons the use of which has been prohibited hitherto because of such an efficiency. Disregarding a fundamental principle of international law and humanity, the United States has already made indiscriminate aerial bombardments on cities of the Empire in very wide areas, and it has already killed and injured a large number of old people, children, and women and collapsed or burned down shrines, temples, schools, hospital and ordinary private houses.

Also, the United States has used the new bomb in this case which has indiscriminate and cruel character beyond comparison with all weapons and projectile of the past. This is a new offence against the civilization of mankind. The Imperial Government impeaches the Government of the United States in its own name and the name of all mankind and of civilization, and demands strongly that the Government of the United States give up the use of such an inhumane weapon instantly.

TAMAGAWABOAT oyaji011.gif
To the top

Yasukuni Shrine – 2
Yasukuni Shrine – 3 what did they die for?
ANTI-JAPANESE EDUCATION IN CHINA
THE CROPPING IN THE BATTLE OF CHINA
THE RAPE OF NANKING=THE FAKE OF NANKING

 

Comments»

1. Recent Links Tagged With "hiroshima" - JabberTags - December 27, 2008

[…] on Sun 21-12-2008 REMEMBERING HIROSHIMA AND NAGASAKI Saved by noml on Sat 20-12-2008 YASUKUNI – 1 Saved by spoongraphics on Fri 12-12-2008 links for 2008-08-13 [delicious.com] Saved by […]

2. 日本国籍華人 - January 1, 2010

東方文化を高揚し、調和のとれた世界を築こう」――立命館孔子学院における王毅大使の講演

2005/11/17

 この度、立命館大学を訪れることができて、たいへんうれしく思います。また、日本で設立された最初の孔子学院で特別講演を行う機会に恵まれ、光栄に存じます。

 立命館大学の名前は孟子の教えにもとづいて生まれたものです。孔子と孟子は共に、儒教の代表的存在であり、儒教の学説は次第に東方文化の中で最も代表的思想と哲学体系となっています。よって、本日私は「東方文化を高揚し、調和のとれた世界を築こう」をテーマにお話したいと思います。

 孔子と孟子が共に打ち立てた儒教は、中国古代の政治、経済、文化、教育ひいては社会生活、風俗習慣などに広く、深く影響を与えました。その中で時代の要請に合った多くの精華は、今なお中国の人たちに実行されており、目に見えない形で中国人の思考習慣と行動様式に影響を与えています。

 数千年に及ぶ中国と周辺諸国の友好交流史の中で、儒教の学説も海を渡り、東アジアおよび世界各地に伝わり、各国の先進的な文化と結びつき、お互いに長所を取り入れ、短所を補い、共に発展するという交流の循環が形成されました。儒教は文化面、精神面で中国と周辺諸国を結びつける重要な絆となり、文明の対話と交流を促し、中国と東アジアの発展、繁栄を推し進めるうえでも、独特で積極的な役割を果たしたと言えるでしょう。

 史書の記載によると、儒教は紀元前3世紀に朝鮮に伝わり、西暦1世紀にベトナムに、3世紀前後に日本に伝わりました。それ以後、続々と東南アジアひいてはもっと遠い国に伝わりました。多くの国の文明発展の過程で多かれ少なかれ、儒教と影響しあい、学びあった例がよく見られます。日本の最も古い学校寺子屋から江戸時代の藩校まで、教材の多くが儒教の古典でした。孔子の「論語」も時の日本上層社会の人々が精通していました。聖徳太子が公表した17条憲法の第一条は「論語」の中の名言「和をもって貴しとなす」をそのまま引用しています。17世紀の江戸時代、儒学者伊藤仁斎は「論語」を「宇宙一の本」と推奨しました。

 儒教思想は西暦17世紀、ヨーロッパにまで伝わり、ヨーロッパで中国文化ブームが沸き起こり、近代ヨーロッパの社会変革、特に啓蒙思想家の人々に貴重な精神的資源をもたらしました。1793年のフランス革命で起草された「人権と市民権宣言」は孔子の言葉「己の欲せざるところを、人に施すなかれ」を引用しています。ヴォルテールやライプニッツなど多くのヨーロッパの思想家は孔子の教えを推奨していました。ヘーゲルの弁証法も中国儒教の弁証哲学を参考にしています。米国の漢学者、ヘルリ・ジョージ・クリールは「孔子と中国の道」という本の中で、儒教哲学はフランス革命の民主理想の発展に積極的役割を果たし、これを触媒にアメリカの民主主義の発展にも間接的影響を与えたと記しています。

 儒教の現代社会における価値がアジアの台頭によって、改めて重視されるようになっています。1970年代、80年代から、日本やアジアの「四つの竜」、東南アジアの「四つの虎」と呼ばれたNIES(新興工業国・地域)および中国の台頭で、アジア経済が躍進した文化的背景が研究され、儒教思想を初めとする東方文化の価値とアジアの近代化との関係を再認識することが国際的に盛んになっています。1980年代以降の東アジア経済発展の背後には、数千年の東方文化の蓄積と支えがあったからだと言われています。日本の学者森島通夫は「日本はなぜ成功したか」という本の中で、「新儒教」と東アジア諸国の経済成功の関係を研究し、総括しています。近代的企業管理で有名な実業家、渋沢栄一は、近代企業はそろばんと「論語」を基礎として築くべきだと書いてあります。シンガポール国立大学の陳栄照教授は、儒教精神がシンガポールの経済的躍進を促したと主張しています。

 21世紀に入り、儒教が一層国際学術研究のブームになり、東アジア各国・地域で一連のシンポジウムが開かれました。統計によると、現在、世界には1300カ所余りの孔子廟があり、26の孔子学院が設立されています。千年の伝承と各国の先進的文化との融合を経て、今日の儒教は中国のものだけでなく、東方文化の重要なシンボルの一つとなり、人類の思想文化の宝庫を成す重要な一部分にもなっています。

 儒教学説は広くて、深く、内容も豊富で、国家、社会、家庭、自然および人間に対する基本的な見方や要求をカバーしています。もっとも、儒教が最終的に追い求める目標は「仁」を中核とし、「徳」を基礎とし、「礼」を規範とし、「調和」を目指す理想的境地であります。従って、儒教文化の終始変わらぬ特徴は、「和」の一言に集約できると言えます。

 「和」は儒教の真髄であります。

 「和は、天地の正道なり」、「徳は和より大なかれ」、「和をもって貴しとすることは、先王の道なり、これを美となす」。

 「和」の第一義的意味は人と人の調和である。「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」とし、「人の和」を際立った位置に据えています。

 「和」の価値は人間と自然の調和にある。「天人合一」が強調するところは人と自然の調和、統一であり、人間は最終的に自然の法則に従わなければならないことを示しています。

 「和」の現われは「中庸の道」を行うことである。「己の欲せざるところを、人に施すなかれ」であります。

 「和」の境地は「和して同ぜず」である。「和」のために「和」するのではなく、「和しても流されず」、必要な時には「小異を捨てて大同につく」と説いてあります。

 「和」の根底は「仁」がある。民を本位とし、仁政を施すことを強調しています。中国昔の政治家は「老者は之を安(やす)んじ、友は之を信じ、少者は之を懐(なつ)けん」を、国を治める理想的な形としています。

「和」を対外関係に広めれば、「親仁善隣」、「徳をもって隣となす」、「近くの者悦べば、遠くの者もきたる」と説いてあります。

 全体的に「和」の本質的要求は、さまざまな複雑な物事の間で均衡を把握し、各種の利益を調整し、最終的に調和を実現することであります。

 数千年間、こうした調和の理念は練り上げられ、中国の文化伝統に根ざし、社会生活にも浸透し、中華民族を、平和を愛する民族にしました。世界に知られるシルクロードはアジアとヨーロッパを千年も結ぶもので、運ばれたのは中国の絹や陶磁器であり、名実共に平和の道であります。中国明代の航海家、鄭和は当時の世界最大の船団を率いて、7回にわたり西洋を航海し、そのうち6回が東南アジアに立ち寄り、最も遠くは北アフリカまで足を運びました。持って行ったものは貿易と物産であり、伝えたものは友情と文化であり、戦争や植民地支配ではなかった。中国の歴史上、最も有名な、この2つの外部世界との交流は中華民族の平和精神を示し、儒教文化の調和という特徴を表しています。これは儒教文化が武力に頼らずに遠く海外に伝わり、また周辺の多くの国が受け入れる基本的な理由でもあります。

 現代中国の独立自主の平和外交政策には、平和理念根底もあります。中国は軍事同盟や軍備競争に参加せず、勢力圏を求めず、海外に軍事基地をつくらず、核および大量破壊兵器の拡散に反対し、核兵器の全面禁止と完全廃棄を主張し、非核国と非核地域に対して核兵器を使用したり、威嚇したりしないと無条件で約束しています。中国は善をもって隣国とつきあい、隣国をパートナーとするアジア外交方針を取り、隣国と仲良くし、隣国と安定した関係を築き、隣国を豊かにする周辺外交政策を打ち出しています。中国は外交の中で協力に重点を置き、協力によって平和をはかり、協力によって発展を促し、協力よって問題を解決することを追求しています。このため、中国は6カ国協議を積極的に促し、朝鮮半島の非核化および平和安定のために斡旋して、核問題を対話の軌道に乗せました。

 新たな情勢の下、胡錦涛を総書記とする中国の新しい指導部はこれまでの内外の経験を踏まえ、国内的には調和社会の構築、対外的には調和世界の構築を主張しています。そして平和な国際環境を築くことによって、自らの発展をはかり、また、自らの発展によって、世界平和を促すと強調しています。調和を目指すことをわれわれの内外政策の基本目標とすることは、中国文化の真髄の高揚であり、中国の特色ある社会主義の着目点と一致し、時代の潮流と一致し、人類文明進歩の方向と一致し、世界各国国民の根本的利益と一致します。

 今日の中国は、中国共産党の指導のもとで、心を一つにして、ゆとりのある社会作りに専念しています。中国の迅速な発展と近代化は中国国民だけでなく、アジアと世界の人々にも利益をもたらしています。同時に、急激な変革の中で、多くの新しい矛盾に直面し、多くの新しい問題を抱えています。人間を本位とし、民のために政権を運営する理念、及び持続可能な発展を目指すため、新しい中央指導部は調和社会の構築を打ち出しています。要するに、経済の成長と社会の発展、都市と農村、沿海部と中西部、人と自然、国内と国外という5つの調和の実現に取り組んでいきます。目標は民主法治、公平正義、誠実友愛、活力に満ち、安定で秩序が守られ、人と自然が調和した社会を築くことであります。

 世界を見回せば、グローバル化、情報化の流れが急速に進み、社会の繁栄と進歩が随所にみられます。一方で、局地的戦争や衝突、大きな貧富の格差、環境や生態系の危機、繰り返されるテロなどが人々の生活を脅かしています。こうした情勢の中で、多くの人が現在の世界的問題を解決するうえで、儒教と東方文化の価値を真剣に考えています。調和世界の構築という目標は、近隣諸国の間の友好共存、異なる社会体制の間の平和共存、違う文明の間の調和共存に役立ち、よって地域と世界の平和と発展に寄与します。

 中日両国は一衣帯水の関係にあり、それぞれが東方文化の形成と発展に重要な貢献をしています。共に儒教の影響を受けた2大文化体系として、両国の文化には共通点もあれば、相違点もあります。主な共通点は、共に「和」を重視し、「和」の地位と役割を強調していることであります。そして「和」を実践するために、双方とも「信」を重んじ、それを大事にしています。中日国交正常化の際、周恩来首相は「言に必ず信あり、行えば必ず果たす」と述べました。これに対して、田中角栄首相は「信は万事の本」と答え、相互理解と相互信頼が中日友好にとって極めて重要であることを示しています。

 こうした「和」の精神を中日関係に照らせば、即ち両国間の交流の優れた伝統を受け継ぎ、互いに尊重しあい、理解を増進し、約束を守り、歴史を鑑とし、未来に目を向けることによって、中日関係を早く健全な発展の軌道に乗せて行くことであります。

 こうした「和」の精神を広げて、アジアの振興に照らせば、即ち国の大小を問わず、すべて平等と、互恵でもって共に発展し、協力によって未来を開くことであります。

 こうした「和」の精神を人類文明の進歩に照らせば、即ち発展モデルの多様化を尊重し、国際関係の民主化をはかり、平和を保ちながら、公正かつ合理的な国際秩序作りを推進し、最終的に調和のとれた世界を築くことであります。

 今日、人類社会が大変動する時代にあり、源をさかのぼり、伝統を高揚し、互いに学びあい、革新を進めることは、グローバル化の挑戦に立ち向かううえで賢明な選択となります。儒教は東方文化遺産の一部として、絶えず取捨選択し、優れた所を取り入れ、時代と共に前進していく必要もあります。東方文化の伝統を高揚し、先達を受け継ぎ、後世に恩恵をもたらし、われわれの子孫たちがより平和、友好かつ繁栄な世界で暮らせるために、共にがんばっていこうではありませんか。

 ご清聴ありがとうございました。

3. ああ - April 29, 2011

日本辱华谣言背后的阴谋
作者:毛峰,从事新闻采访报道工作20余年,现任《亚洲周刊》东京支局支局长

日本地震及核灾以来,网上出现匿名污蔑华人趁火打劫的谣言,也有日本媒体企图製作在日华人抢劫、强姦的片子,高酬聘请的旅日作家李小牧发现后坚拒合作。

日本大地震及福岛核事故,是一场复合式巨大灾难,背后竟在中日两国间震盪出一些流言蜚语。值得关注的是,一些流言中的谣言居心叵测,试图叠加出更多的「次伤害」,甚至企图再版「歷史阴谋」。谣言的第一受害者就是真相,其次是国民感情。在中国互联网上,有个别网民对日本遭受巨灾幸灾乐祸,也有传言称日本强震是由於暗中进行「核试验」造成,编造天方夜谭式的内情。在日本的微博及推特等网络上,也同样出现了种种流言蜚语。「在仙台市三条中学避难所里,中国人為所欲為,赶走取暖炉前的高龄老人。这是来自我祖父的SOS(求救)」,「半夜,有说外国话的几个男子进入店中,黎明时发现店里的商品都被偷走了。我当时怕极了,只能躲起来」。更有居心叵测的传言称「在地震现场不断有朝鲜人和中国人在进行盗窃、放火和强姦」,「应该把所有在日中国人都赶回去,并禁止他们再度来日」。

如果说这些在互联网上匿名发布的留言属於阳谋的话,那日本一家电视台及一家週刊杂誌试图利用撰写《歌舞伎町案内人》的李小牧来「编导」在日华人在地震现场进行盗窃、放火、强姦的内情,则无疑暗藏著阴谋。

李小牧告诉亚洲週刊,在震灾后的四月初,日本一家全国性电视台以及一家週刊杂誌社希望藉李小牧在中日两国的知名度,安排其到震灾区的宫城县、岩手县等地进行「採访」,并支付其高额取材协作费。在临行「採访」前,这两家媒体拿出了「採访计划」,要求李小牧能从在日中国人的立场,亲身述说「在日中国人是如何趁灾害之际进行盗窃等犯罪活动的情况」。李小牧断然拒绝了这一精心策划的「採访」,结果李小牧自掏腰包,自找旅店,独自一人前往灾区进行了為期十天的独立採访,留下了一份难能可贵的独立採访笔记。

关东地震阴魂不散

歷史的惨痛同样拒绝遗忘。八十八年前日本关东大地震中藉谣言大肆屠杀在日朝鲜人及中国人的悲惨史实再度警示人们:「歷史阴谋」的阴魂不散。一九二三年九月一日正午,一场里氏七点九级大地震席捲关东地区,从东京到横滨,十万餘间房屋顷刻轰然倒塌,数以百计的熊熊火灾吞噬了数万民居,停泊在东京湾沿岸的八千多艘船隻沉没。关东大地震造成了九万多人死亡,四万多人失踪,十多万人负伤。為了转移政府执政危机,地震当天深夜,种种谣传开始瀰漫於关东地区:「朝鲜人暴动啦,到处在放火」,「朝鲜人在水井中投毒、在抢劫、强姦」。

阴谋谣言產生了近乎疯狂的杀伤力,最终导致有六千多名在日朝鲜人惨遭杀害,也有七百多名在日中国人因此遇害,其中百分之九十是温州人。在东京大岛町四丁目的华人聚居地,九月三日就有二百名华工惨遭杀害。当时在日本的中国工人领袖王希元也在此间被日本军警秘密杀害。这些成為关东大地震中的一个歷史惨案,令人深思。


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: