jump to navigation

なぜ日本人は英語が苦手なのか? August 11, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll.
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,
trackback

私がこれから書くことについて、半分の人は納得し、また半分の人は私に対して敵意を抱くだろう。(笑、かなり挑発的な文章なので、ご一読いただく前に予めおことわりしておきます)

言うまでもなく、ほとんどの日本人が中学・高校で6年間、さらに大学に進んだ人は教養課程で2年間、会社の語学研修や駅前留学等で数年間、英語を学んでいる・・・しかしながら、英語が話せない、書けない・・・。英語に対する苦手意識やコンプレックスは膨らむばかり。日本人のほとんどの人がそうだ。「大学の英文科です。英語学科です」という学生のどのくらいの割合の学生が英語を話せたり書けたりするのだろうか。「英語が自由に書けたり、話せたりできたらいいのに」とたくさんの日本人が思いながらも英語が話せない書けない。なぜ、こんな現象が起きているのだろうか・・・その決定的な答えをここで提示する。

よく日本人が「なぜ日本人は英語が苦手なのか」を語る際に、日本の英語の教科書が悪いだの、文法・読解力中心の授業が悪いだの、英語教師が悪いだの・・・自分の英語が苦手な理由を他人のせいにしたり、「日本社会がそもそも英語を必要としない、使用する機会が少ないからだ」と社会のせいにしたり・・・まずはそういう他者に責任を転嫁することをやめるべきだ。そうした理由を挙げる人は、英語を語る以前に「語学とは何か」いや「言葉とは何か」を考えたことの無い人である。教科書が悪けりゃ、書店に行って、気に入った参考書でも買ってくればよい。日本の英語の参考書は、世界のどの英語教科書よりも、英語構文の成り立ちを懇切丁寧に解説してくれている。学校の教師が悪けりゃ、駅前留学でもして「ネイティブ」の教師に教わればよい。ある「ネイティブ」の英会話教師が言っていた。「なぜ日本人は英会話教室にやってきて、自分から積極的に話そうとしないの?これじゃ、時間と金の無駄使いじゃないか。何のために彼らは英会話教室にやってきているのかわからない」・・・実は、その通りである。

私は思う。特に英語は、ヨーロッパ語圏の人たちが英語を習得するのに要する努力、その数倍の努力を日本人はしなければ、ヨーロッパ語圏の人たちと同じようなレベルに達することはできない。「言葉」は毎日のように書いたり話したりしなければ習得は難しい。「語学」と呼ぶ以前に「言葉」というのは、主体性や積極性がないと習得できないものだ。自分の手で書こう、自分の口で話そうとする強固な意思がないと習得は難しい。私は先に述べた「ネイティブ」の英会話教師に次のように言った。「英語以前に、日本語すら正しく話せない書けない者が英語を話すことができるだろうか」と。私は思う。日本の小学校の段階から英語教育を実施するのはやめたほうがよい。さらには中学校の英語教育もやめたほうがよい。英語は高校から自由選択にしたほうがよい。時間と労力の膨大な浪費である。本当に英語を習得したいと思う者だけに英語を教えればよい。真剣にそう思う。

世の中で一流とされる大学の文系学部。東大法科とか慶応経済とか・・・入試の英語の偏差値が70ぐらいあっても、そこの大学をご卒業された人たちのどれくらいが英語を書けて話せるのか?実は、そうした人を見つけるは難しい。いないんだ。おそらく「英語を勉強するために大学に入ったんじゃない!」と反論される方もおられるだろう。じゃあ、その東大法科ご卒業の方、法学士様に「法とは何か?政治とは何か?民主主義とは何か?国家とは何か?他人の文献を引かずに・・・ご自分が日頃考えていることを答えてみてください」と訊ねてみるがよい。それに答えることもできない東大卒がいっぱいだ。日本のエリートと呼ばれる人たちですら「自分の頭で考えてみよう」という姿勢がはなっから無い人が多い。誰かが言った言葉や本や新聞に書いてあった言葉をそのまま引用する人ばかり・・・ステレオ・タイプで物事を表層的にしか見ていない。日本の文系卒というのはこの程度のものだ。(結構、ムカつく文でしょ?)

そもそも言葉というのは、言葉を書く話す以前に、伝えたい「コト」や伝えるべき「コト」が無ければ話せない。その「コト」とは日頃、自分の頭の中で考えている「コト」。日本語でもペラペラと語っていることは、実は、日頃そう考えていたからこそペラペラと話せるのだ。ゆえに、日頃考えてもいないことを「英語で書け話せ」と言われても土台無理。書けるわけがない、話せるわけがない。そして、もっと重要なことは、その「コト」をどうしても英語で伝えてやろうという強固な意思や執着心が無ければ、書くことや話すことはできない。「英語がペラペラと話せたら、かっこいいなあ」なんて思って英会話教室に通っているうちは、英語が話せるようにはならない。ちょうど「綺麗なサッカーをやろう」と心がけてやっているうちは、ゴールが奪えないサッカー日本代表と同じである。どこまでも泥臭く、ストーカーのような強い執着心・・・それが日本人全体に欠落している。周囲に嫌われるぐらい自己主張の強い人ほど語学の上達が早い。

どうしても自分が考えていることを何が何でも英語で伝えてやろう・・・実は、そういった強固な意志と執着心がなければ、日本人が英語を習得するのは非常に難しい。当然ながら、私の英語も、いっぱい間違いがあることがわかっている。それが間違いだと自分で気づけば、次回はもっと伝わりやすい英語を書こうと努力すればよいだけのこと。英語は書けば書くほど上達する。誰も最初から英語がスラスラと書けるものでもないし、ペラペラとしゃべれるものでもない。その人の英語は、その人の習得段階に応じた英語しか書けない。それと同様に日本語もまた、その人の能力に応じた日本語の文章しか書けないのと同じである。

たいへん面白いことに、他人の英語の間違いを指摘したがる日本人は多いが、他人の日本語の間違いを指摘する人はごく稀である。その背景には、他人の英語の間違いを指摘することによって何らかの優越感を得ようとする日本人が多いからだろうと思う。それが理解できれば、堂々と自分なりに考えたことを、自分なりのレベルの英語で語ればよい。英語は使えば使うほど進化する。言葉とはそんなものだ。

TAMAGAWABOAT oyaji-beer1.gif
トップページから読む

関連: 靖国神社遊就館・人類の歴史とは戦争の歴史である
    証言すなわち証拠ではない – 南京大虐殺
    日の丸・君が代

Comments»

1. Considering ur videos onYT - May 23, 2009

rather referred to the nooobish English of yours, aint u clown? a pot callin’ a kettle black, pretty disgusting

tai - May 15, 2010

なるほど。Tamagawaboatさんの言うことをよく考えてみます。
日本の参考書がどの国の参考書より構文の成り立ちについて詳しく書いているとは思いもしませんでした。

 英語が出来ないというのは、日本人の甘えなんだろうか?

Tamagawaboatさんにまた機会があれば日本人の英語についてまた語っていただきたいです。

2. まる子 - July 2, 2010

初めまして。 まさに仰るとおりです。 たかが言葉、されど言葉。
言葉は道具。 伝えたいものがなければ無用の長物です。

もともと「ぶつかる」ことを嫌う日本人には無理なのかも・・・。

3. ビリーブス田中 - December 3, 2010

日本人がなぜ英語が苦手なのか?
私は、GHQの洗脳が関係していると思っています。

私たちは、自分に自信や誇りを持っていたならば、人と比較して優越感を感じたり、劣等感や罪悪感を感じることなく、どんな人とでも対等に、堂々と話しができるものです。

ところが、自分に自信や誇りを持っていないと、すぐに周りと比較し、どちらが上で、どちらが下かを意識します。

そして、相手の方が下だと思ったら、優越感を感じ、威圧的・一方的に自分の正しさを主張し、相手の話を聞こうとしません。

逆に、自分の方が下だと思ったら、劣等感や罪悪感を感じ、「どうせ自分の意見なんか興味を持って聴いてもらえることはないだろう」と予期して引きこもっていきます。

これは、日本、英語に関わらず、どんな言語であれ、共通するものだと思います。

つまり、日本人の英語に対する苦手意識は、英語そのものというよりも、それ以前に、
 GHQの洗脳によって、「外国人に対して、日本人としてのアイデンティティを持って、堂々と自分の意見を主張するだけの誇り」を失ったところから来ていることにあるのではないかと思っています。

YOU TUBEに「マトリックス(日本人が英語が苦手なのはGHQの洗脳が原因) 」という動画を載せていますので是非ご覧ください。

4. journalisma5 - December 19, 2011

this is my first time leaving a comment here and i don’t really know much about this website so please excuse any rudeness that may be included in my comment.

なぜ日本人は英語が苦手なのか。
これは、英語が苦手というより外国語全般が苦手というべきではないでしょうか?
日本人は一般的に他人の評価をとても気にする人種なわけで、because of that, they are afraid to “make mistakes” when speaking in English.
However, fluent English speakers, or basically anybody that speaks some English do not care if they make a mistake. 外国ではしゃべれるしゃべれないではなく、その国の言葉をしゃべろうと努力しているということが評価されます。
so instead of being afraid, i think everyone should try to speak a foreign language. because people will try to understand you, no matter how broken your speaking of that language is.

5. Anonymous - July 5, 2012

I don’t see why the first one who left the comment was so angry with you. You have a point on the subject. I’m totally with you.

In my case, I graduated in an English Department over a decade ago and have been studying English to make it better.

And I have never shifted the blame that I couldn’t speak English well onto others.

I believe We had better work hard if we want to get something, including learning English, at any stage of our life no matter how young or old we are.

There would be no time to blame others for those who work hard for their goal.

6. jnelheql@yahoo.co.jp - January 20, 2014

わざわざ言わなくてもみんなそう思って見てる 逮捕されなかったのw


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: