jump to navigation

靖国神社遊就館・人類の歴史とは戦争の歴史である August 10, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll.
Tags: , , , , , , , , , , , , ,
trackback

言うまでもなく、人類の歴史とは戦争の歴史である。
人類の歴史の中で「平和」は一時(いっとき)のことであり、
人類の時間の大部分を戦争が占めてきた。

人類の歴史の大部分を占める戦争の結果は、
私たちが暮らす現代社会に直接的・間接的にに影響を及ぼしている。
現代日本の成り立ちの根幹には、63年前の戦争の結果がある。

であれば、
63年前に何が起こったのか、どういった経緯で、
なぜ起こり、その末路には何があったのかを正確に知ることは、
現代日本の成り立ちの根幹を知ることである。
それを知らない者は、
現在のいまの日本社会を語ることすら不可能とも言えるのだ。

靖国神社の遊就館は、
近代の日本が欧米列強といかに戦ったかを伝えている。
有色人種である日本が、いかに欧米列強に虐められ、
それに対抗して、日本人がいかに果敢に闘ったか・・・
それを知る資料を提供してくれる。

靖国神社の遊就館に入ったこともなく、
ただ背を向け、否定的に語る人たちは、
実は、日本の近代の歴史を直視できない人たちである。
日本の近代、いや世界の近代は戦争の世紀だったからである。

日本の近代は、欧米列強の帝国主義に屈せず、
対抗していった歴史であり、その過程があったからこそ、
いまの日本があるのだ。

靖国神社の遊就館に入ったこともなく、
中国・韓国の嘘話を間に受け、彼らに見せかけ倒しの同情を表明する人は、
自分が「白人」になったかのような勘違いをした、
高所から見下ろそうとする傲慢な偽善者である。

日本の近代史も知らない人が国会議員にいる。
日本の近代史も知らない人がマスメディアにいる。
現代日本の成り立ちを知らずして、
どうして今の社会現象を論評したり、日本の政治的判断、
外交的判断をしたりできようか。
無知・無学な人たちに日本の舵取りを任せるのは非常に危険である。

靖国神社・反日ストーカー(anti-Japanese stalkers) を撃退するための問答集:

A:「侵略戦争を正当化するな」
B:「あの戦争を侵略とレッテルを貼るな。歴史的事実を直視できない愚か者ほど、時の権力者が吹聴するデマに扇動され洗脳され、その結果、ステレオ・タイプに陥りやすい」

A:「日本は加害者として反省せよ」
B:「戦争とは、両者双方が加害者でもあり被害者でもあるのだ。勝手に被害者になるな」

A:「日中韓では、歴史観が違う」
B:「その観(view, perspective)とは何か?日中韓で起きている問題は歴史観ではない。歴史の事実そのものが異なっている。どちらかが事実とは異なる歴史を捏造していると考えるべし。ゆえに歴史観という言葉は不適切だ。歴史は捏造は許されるのか?当然ながら、歴史を捏造するものは悪であり、許すべきではない」

A:「帝国主義・植民地支配を正当化するな」
B:「植民地とは何か説明せよ。植民地とは、搾取・収奪が一方的に行われたか否かによって問われるべきであり、その場合、宗主国(colonial master)と植民地の間の経済的収支が黒字・赤字を厳密に精査することが必要である。さらには、それをいまさら蒸し返して何をしたいのか?」

A:「軍国主義を復活させるな」
B:「軍国主義とは何か説明せよ。意味もわからず勝手な造語を使うな。あなたが軍国主義ではないと思う国を列挙してみなさい」

A:「歴史を美化するな」
B:「わざわざ捏造を加えて醜く描く必要もなかろう。あなたが事実を美化したと感じるならば、あなたにとって、その事実が眩く見えたにすぎない」

書き終わったあと、結構、自分ながら乱暴すぎたかなとも反省する。(笑)


http://jp.youtube.com/watch?v=Hx1Qnh-wNq0

 
 西村幸祐編集
 8・15 靖国の真実 (オークラ出版)

関連  靖国神社-彼らは何のために死んだのか?
    日の丸・君が代
    証言は必ずしも証拠ではない – 南京大虐殺
           田母神論文-これは誰かの策略なのか
           田母神論文-侵略か否かにこだわるほど自虐史観

TAMAGAWABOAT oyaji-beer1.gif
トップページから読む

Comments»

1. 日本国籍華人 - January 1, 2010

東京で中日共同歴史研究第1段階最終会合

中日共同歴史研究の第一段階最終会合が24日、東京で開かれた。中国側の歩平・首席委員(座長)と日本側の北岡伸一首席委員は会議で、第一段階の共同研究はすでに終了しており、双方は関係の論文を次々に発表すると言明した。

中日共同歴史研究は2006年12月に正式にスタート、中国社会科学院近代史研究所と日本国際問題研究所がそれぞれ実施した。この3年間、双方の委員会は「中日共同声明」など政治文書の原則および「歴史を鑑とし、未来に目を向ける」精神に従って、中日関係史について突っ込んだ研究と討議を行い、いくつかの共通認識(コンセンサス)を得た。また意見の食い違いもあった。間もなく発表される論文は双方の委員がそれぞれ執筆しており、示されたのは執筆者本人の見方である。

(東京12月24日発新華社)

2. 日本国籍華人 - January 1, 2010

「日本の漫画家100人の八月十五日」南京で作品展

「日本の漫画家100人の筆になる八月十五日」漫画展が15日、南京で開幕し、「私の八月十五日」の会、「銘心会」など日本の民間友好団体の100人余りが開幕式に出席した。

同展が日本以外で開かれるのは初めて。今回展示された160枚余りの作品はすべて日本の漫画家の手になるもの。これらの漫画家は多くが敗戦の前に生まれており、侵略戦争について深い記憶をもち、その中には幼い頃、父母に付いて中国各地に居住し、現地で日本敗戦・降伏の報に接した人も少なくない。そして長い年月の末、「私の八月十五日」をテーマに侵略戦争の残忍さと悲惨さを非難し、軍国主義の暴挙を反省するたくさんの漫画を創作した。

日中友好21世紀委員会日本委員の石川好氏は、次のように語った。8月15日は特別な日だ。64年前のこの日、日本は降伏を宣言し、同時に軍国主義は完全な敗北を宣告された。南京の人々はかつての戦争でこのうえない災難を受けた。したがって、作品を南京で展示することが日本の漫画家の願いだった。このような方法で忸怩たる気持ちを表したいと考え、また人類の平和を願っている。

展示は作者の敗戦時の年齢によって、「16歳以上」「8―15歳」「5―7歳」と「4歳以下」の四部に分かれている。「記憶の中の『奉天』」、「もうすぐ家に帰れる」「あの年の夏」「あの年の冬」……これらの作品は侵略戦争が被害国の国民に災難をもたらすと同時に、加害国の国民にも大きな傷を与えたことを集中的に示している。

70歳の森田拳次さんは、自分が描いた「中国の養父母に感謝する」の絵を指さしながら、次のように語った。ここに描かれているのは本当にあった話です。中国を侵略した日本軍は中国国民にこのうえない災難をもたらしました。しかし多くの中国の一般民衆は古い恨みにこだわらず、侵略戦争で父母を失った日本の子供を無償で扶養しました。

「どの時代、どの国でも、一旦戦争が起きたら、最大の被害者は一般の民衆です」、石川氏はこう指摘、漫画展から、いつまでも平和を守るために努力するというメッセージを受け取ってほしいと述べた。

漫画展は侵華日軍南京大虐殺殉難同胞記念館と「私の八月十五日」の会の共催。 (南京8月15日発新華社)

3. 0malone1 - August 7, 2013

yikes, totally agree dude


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: