jump to navigation

Japanese Buddhists’ Silent Protest at Zenkoji April 19, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Beijing Olympic, Blogroll, Japan, TIBET, TIBET UPRISING.
trackback

http://www.youtube.com/watch?v=fsDYEXlCjQg

On April 13th, Zenkoji Buddihist temple (Nagano, Japan) held a little and silent memorial service for victims of the uprising in Tibet. Zenkoji’s monks and citizens lighted 177 memorial candles to pray for the souls of the 177 dead. Zenkoji temple had been set for the starting point of the Olympic Torch Relay scheduled on April 26th.
On April 18th, Zenkoji temple declined the starting point of the Olympic Torch Relay. The representative of Zenkoji temple’s monks talked about the reason for the declination as follows, “Zenkoji is deeply concerned about China genocide against Tibetan people”.
On April 21st, Zenkoji temple announced to hold the Buddhist memorial service for victims of the uprising in Tibet just before the Olympic Torch Relay. The Buddhist memorial service on April 26th is scheduled from 6:30 am to 8:00 am.

Chinese military attacked and invaded Tibet in 1950. China occupied Tibet who was the fully independent nation before the invasion of China. China has been torturing and slaughtering enormous numbers of innocent Tibetan civilians since 1950. TIBETAN VICTIMS of CHINESE ATROCITIES reaches 1.28 million people. Tibetan people have been suffering from China’s cruel and bloody repression. Please don’t apply the word “Human Right Abuse” to what is going on in Tibet. What is going on in Tibet? China has been committing “Cultural Genocide” against Tibetan people in the form of ethnic cleansing since China’s invasion. “Cultural Genocide” against Tibetan people should be called “Unforgivable Humanitarian Tragedy”.

This is “THE RAPE OF TIBET”.

I know that there are people who say, “Don’t mix up sports with politics!” or “The Olympics should be separated from politics”. I don’t think so at all. Why we can enjoy sports? Why we can enjoy the Olympics even though the host country is committing Genocide on earth? We found out facts that so many Tibetan people are tortured by Chinese Communist Party. We know many people who share the same time with us are tortured by Chinese atrocities. Chinese Communist Party strays from the path of righteousness. We cannot be silent as a human being any more! We should be deeply concerned about the existence of people suffering from murder,  torture and rape. We should protest against China in hoarse voice now! 

This is a Human Being.

TAMAGAWABOAT  oyaji011.gif
トップページから読む

Comments»

1. ur mom - April 28, 2008

lol go fuck ur daddy’s cunt.

i got your mom here.

she’s screaming like the little dog she is.

why won’t she stop begging for more?

psssh. common jap whores

2. Yanagi Kazunobu - June 3, 2008

“Fully independent nation?”

Then, why do all maps of Qing China ca. 1911 clearly show Tibet as within the borders of China?

Why do all maps of Republic of China clearly show Tibet as within the borders of China?

3. 日本国籍華人 - January 1, 2010

札幌で「聖地チベット珍宝展」

中国チベットの文化・芸術を紹介する「聖地チベット珍宝展」が11日、北海道の道庁所在地札幌市で盛大に開幕した。チベット自治区博物館とポタラ宮などに収蔵されている、国家一級文物36点を含む123点の貴重な文化財が展示されている。

展示品は仏教の塑像が中心で、ポタラ宮、チベット自治区博物館、ロブリンカなど有名な寺院と博物館からのもの。その数の多さ、珍品の割合の大きさは、近年の似たような展覧会の中でも珍しく、今年の中日関係と文化交流における一大ハイライトでもある。チベット族の生産・生活と文化・芸術の水準を示すこれらの展示品は、紀元7世紀の吐蕃時代から近代に至る1000年余りのチベット文化・芸術の精髄である。形が美しく、チベット文化の息吹にあふれており、中でも国家一級文物「十一面千手千眼観音菩薩像」は華麗、精巧で、みる人を賛嘆させる。もう一点の国家一級文物「時輪金剛父母仏立像」は、チベット密教彫刻の最高傑作と称えられている。

なかなか見られない中国チベット芸術の逸品は、日本の見学者の目を楽しませており、見学者の高橋洋さんは、「こんなに多くの、非常に美しいチベット仏像を見たのは初めてだ。精巧な展示品をみていると、チベットの人々の敬虔な信仰心が強く感じられる」と話した。

チベット自治区文化財保護研究所の和靖・副所長は、今回の文物展の主要な目的はチベット仏教文化の精髄を日本に伝えることであり、こうした文化交流を通じて、双方が仏教文化面でより多くの理解を得られるよう、またより多くの人が中国チベット高原の文化とチベット仏教芸術の魅力を観賞できるよう希望していると述べた。

この展覧会は中華文物交流協会、中国チベット文化保護・発展協会などが日本のいくつかの美術館、大手メディアと共催したもので、今年4月11日から6月14日まで福岡で開催され、入場者は14万人を超えた。札幌での展示は8月23日までで、その後東京、大阪、仙台でも開催される。日本での展示期間は約1年に及ぶ。 (札幌7月11日発新華社)

4. 日本国籍華人 - January 1, 2010

チベット訪れた観光客,史上最高更新今年上半期

世界的金融危機とA型H1N1インフルエンザ(新型インフル)の影響を受けているにもかかわらず、中国チベット自治区の観光業が好調を保っている。チベットを訪れた今年上半期の内外観光客は149万7400人、観光収入は11億3000万元(1元=約14円)で、いずれも過去最高を更新した。

自治区観光局の王松平副局長は次のように説明した。2007年に開通した青海チベット鉄道に促され、チベットの観光業は飛躍的に発展しており、訪れる観光客も観光収入は過去最高を更新している。1~6月期にチベットを訪れた観光客は2007年比35・8%、観光収入は14・1%増加した。チベットの観光業がラサ「3・14」事件の痛手から抜け出し、高度成長期を迎えていることを物語るものだ。

ラサ「3・14」事件はチベット観光業の発展に深刻な影響を与えた。2008年にチベットを訪れた観光客は224万6400人で、前年比44・2%減少した。

チベット観光業は昨年末、内外で大規模な販売促進キャンペーンを展開した。観光主管部門は観光スポット、航空、ホテルや旅行社など多くの部門と協力し、今年冬の人気観光ルート関連の商品を平均50%値下げした。

チベットの観光部門は今年4月以降、新しい販売促進キャンペーンを展開し、国民観光を優先する「中国エコ観光」や「魅力的なチベット浄土観光」関連の商品を大々的に売り出した。その結果、自治区の観光市場は回復的成長という好ましい傾向を保った。

王副局長は「チベットは第3四半期に、回復的成長のピークを迎える。今年チベットを訪れる内外観光客は2007年の402万人に達するか迫るだろう」と述べた。 (ラサ7月21日発新華社)


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: