jump to navigation

KATYN – 闇に葬られた歴史を紐解くアンジェイ・ワイダ February 2, 2008

Posted by TAMAGAWABOAT in Andrzej Wajda, Blogroll, History, Katyn, Nanking Massacre, WW2.
trackback

kanal.jpgもう10年ほど前、私の母から、寝室にあるテレビの調子がおかしい。音声は聞こえるのに、画面がずっと真っ暗だ。ちょっとみてくれと言われた。テレビは声はするのだが、画面はずっと真っ暗なまま、時々、猫の目のようなものが画面を舞っているのがわかった・・・私は笑いながら「これねぇ、こういう映画なんだだよ。地下水道!」。アンジェイ・ワイダ(Andrzej Wajda)監督の名作「地下水道」だった。母の寝室にある小さなポータブルテレビは、黒の濃淡をはっきりと映し出すことができない安価なテレビ。テレビの裏側には「Made in Korea」と書いてあった。(笑)

そのアンジェイ・ワイダ監督が「カチンの森事件」を扱った映画を製作、今回のアカデミー賞外国映画部門にノミネートされた。おそらく外国映画部門で賞を獲得することは間違いない。いま日本では、この事件を知る人はおそらく少ないと思う。10人に訊ねて1人いるかどうか・・・。アカデミー賞の受賞発表後は、「カチンの森事件」は、日本のみならず、世界中の多くの人々の共有する知識となるだろう。

これは、半世紀もの間、歴史の闇の中に葬られていた国家犯罪の真相にせまる物語である。1939年のポーランド。ポーランドは東西をソ連とドイツから2つに分割され地図上から消滅した。
ソ連占領下で秘密裏に抹殺されたポーランド将校たち約1万5千。81歳の巨匠・アンジェイ・ワwajda.jpgイダが描く「カチン」。この事件の発覚は第二次大戦中の1943年4月。ドイツによって、元ソ連占領下のカチンの森で約4千体の死体が発見された。特殊なカチンの森の土壌は、犠牲者の死体をミイラ化させていた。当時のソ連にとってポーランド民族主義派の将校たちは邪魔者だった。当初、死体を発見したドイツは、この虐殺事件をソ連の犯行として強く非難したが、ソ連とアメリカはこの事件をドイツの残虐な犯行としてぬれ衣を着せた。戦後、ソ連勢力下に入ったポーランド人は事件について口をかたく閉ざした。社会主義体制のポーランドでは、ソ連の犯行だと告発することは不可能であった。この事件の真相解明は、1990年にソ連が公式に犯行の事実を認めるまで待たなくてはならなかった。以来、約半世紀、カチンの森事件はドイツの犯行という虚偽が信じられてきた。

国家間の思惑の前では、人の尊厳など露ほどもない。カチンの森でソ連軍によって殺されたポーランド将校 1万5千人。その犠牲者の中のひとりが、この映画の監督 アンジェイ・ワイダの父であった。大戦中はワイダはレジスタンスとしてワルシャワ蜂起を戦い、戦後は冷戦下を銃をカメラに持ち替えて体制と戦ってきた作家である。「地下水道」「灰とダイヤモンド」「大理石の男」・・・そして81歳を迎えた巨匠 アンジェイ・ワイダが作家生命を賭け、人生の集大成として撮った映画「カチン」。2008年・第80回アカデミー賞外国部門の大本命である。

ちなみに、アンジェイ・ワイダは日本人が泣いて喜ぶほどの大の親日家である。きっかけは17歳の時、ドイツ占領下のポーランド・クラクフでナチスの総督府が日本美術の展示会を開催。ワイダはレジスタンスでありながら、身の危険を冒してまで美術展に出かけたそうだ。

TAMAGAWABOAT oyaji-beer1.gif
トップページから読む

関連 証言は必ずしも証拠ではない – 南京大虐殺

Comments»

1. ぴっちゃん - February 15, 2008

はじめまして。

TAMAGAWABOATさんの作品はYoutubeで度々拝見しております。さて、ポーランドつながりで提案があります。「大和心とポーランド魂」というフラッシュがネット上にありますが、TAMAGAWABOATさんの英語力と画像編集の技術で英語の字幕をつけてYoutubeにアップロードしていただけないでしょうか?世界中のポーランド人やポーランド系の人々が親日感情を高めてくれるすばらしい素材だとおもうのですが。

どうかご尽力いただけますよう、よろしくお願いします。

2. fuck u - February 23, 2008

lol what with this picture

u fuckin monkeys have no idea what this picture means right?

it has taken right after u raicst fuckers gave up the war lol

i think it’s nice picture though, and i saw kinda same picture as i showed you, but little bit different. ur monkey king was little bit taller than Macarthur(which is the best general ever lol)

IT WAS TAKEN RIGHT AFTER THE NUCLEAR BOMB!!!!! DROPPED ON YOUR ASSES LOL

p.s u better watch ur mouth, or better think before type those bullshit story.
do u even know that ur country educated u assholes wrong way, u know that?
dont be a racist fuck aight?

3. 日本国籍華人 - January 8, 2010

「適切な解決をはかる」中国大使館 実習生の給与未払い問題

中国駐日大使館の許沢友総領事は5日、中国の実習生が日本側企業に給与支払いを求めている事件の適切で合理的な解決をはかりたいと表明した。

許総領事は同日東京で新華社記者に、次のように語った。中国の実習生の給与支払い請求問題は日本側の受け入れ企業が契約と法規を順守せず、賃金の支払いを遅らせている労使紛争だ。大使館は人間中心(人を以て本となす)、人民のための外交の理念に基づき、いま行政、法律など各種のルートを通じて、この事件の適切で合理的な解決を求めているところだ。

許総領事はさらに、次のように述べた。このことを知った崔天凱大使は、早急に事件について調査し、実習生の生活難解決を助け、この問題を適切に処理するよう指示した。崔大使の依頼を受けて、1月1日、大使館員、中国側の実習生派遣会社の代表が実習生の住まいを訪ねるとともに、見舞品を届けた。実習生は、祖国の配慮に感謝する、大使館と中国側関係機関の援助の下で、この問題は合理的、公正な解決がはかれると信じると話していた。

2007年1月、中国企業2社と日本のMIYABI臨建建友事業協同組合を通じて、10人の中国人が健陽株式会社に実習に来た。09年1月から、この企業は実習生に賃金を支払わず、ある時は一部だけ支払い、ある時は一銭も払わず、遅配の賃金総額は1000万円近くに上った。その後、実習生は会社側と交渉したが、問題はいまも解決されていない。

(東京1月5日発新華社)


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: