jump to navigation

目から鱗が落ちた話 July 30, 2007

Posted by TAMAGAWABOAT in Blogroll.
trackback

もう2年以上も前になる・・・。
たまたまNHK教育テレビで「私のこだわり人物伝」という番組を観た。
新しい時代小説の書き手として注目される山本一力が、
敬愛する作家・池波正太郎の魅力を余すところなく語り尽くすシリーズだった。

山本一力が、池波正太郎の「人物造形のカンどころ」と題して、
「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」といった池波の代表作に
登場する人物たちに注目して、作品の魅力を語っていた。
池波正太郎の作品に登場する人物がどれも魅力に溢れているのは、
「善と悪を切り離さない人物造形の見事さにある」と、
山本一力は語る。

つまり、どんな極悪人にも「善」の部分があり、
それを何気なく描くことによって、
登場する人物がより生き生きとしてくる。
池波正太郎の時代小説には、
時代小説以上に 「人間とは何か?」という
人間の究極的なテーマについて探求しようとする姿勢がある・・・と。
この番組の最後のところで山本一力は池波正太郎の次の一文を引用した。

近頃の日本は、何事にも「白」でなければ、「黒」である。
その中間の色合いが全く 消えてしまった。
その色合いこそ「融通」と言うものである。・・・池波正太郎。

shasin1.jpg

さらに山本一力は、続けて、その言葉を補足して次のように語った。
「白」か「黒」か?はっきりと分けて考えるのも、
それはそれで意味のあることではあるが、
二者択一で全てを分けてしまうのも、また問題である。
白と黒の間にある灰色の部分。その灰色の部分にこそ、
実は無限大の可能性がある。

YESでもなければNOでもない領域。
そこに「わきまえ」を心得た「おとな」の人間によって、
「融通する」という動詞が使われる。
その「融通」というものこそ、
日本人が昔から大切にしてきた文化なのだ・・・山本一力。

番組を観た後、なにか貴重なお酒でもご馳走になったような気分だった。

TAMAGAWABOAT oyaji-beer1.gif
トップページから読む

関連 中川昭一、ロックな男だぜ!

Comments»

1. Orangeball - August 7, 2007

こらこら、山本一太さんの写真を載せてはいけませんよ。

私もこの番組見ましたが、一力さんの池波さんに対する並々ならぬ尊敬と愛情が込められていたように思います。池波さんは戦後日本の繁栄についても非常に醒めた目で見ていらっしゃいましたね。

白黒ハッキリつけたがる毎日、灰色の部分が増えているかどうか気をつけたいと思います。

灰色は大人の証。相手に対する深い理解の証。

2. 但馬 - November 12, 2009

池波正太郎氏の写真、使用許可は受けましたでしょうか?
もし受けていたらどちらでうけましたでしょうか?

但馬 - November 12, 2009

もはや日本の法律なんて守る必要なんて無いですね。政府が憲法違反を侵そうと必死になるくらいですから。そろそろ暴力・殺人を肯定してもいい頃ではないでしょうか?それでこそ革命であり、平成維新なのです。殺せ!殺せ!日本列島に血を降らせましょうぞ!

3. 但馬 - November 12, 2009

法律に縛れていては何もできませんね。政府を倒すことは、現行の法律や常識をうち破ることでもあります。政府を倒すこと、政府中枢を抹殺することは、戦時と同様に、暴力と殺人は肯定することです。

4. 日本国籍華人 - January 1, 2010

崔天凱大使の中日共催中国人俘虜殉難者追悼慰霊活動でのあいさつ

本日、日中友好宗教者懇話会と中国人俘虜殉難者慰霊実行委員会の入念な組織と手配の下で、殉難者の遺族および両国の各界の人々がここで中国人俘虜殉難者のために合同追悼慰霊活動を行っている。中国大使館を代表しまた私個人の名で、かつての戦争中にひどい迫害を受けた強制連行殉難同胞に謹んで心からの哀悼の意を表する。

強制連行は日本軍国主義が中国侵略戦争中に起こしたこの世の惨劇である。4万人近い中国人が日本の各地に強制連行されて重労働を行い、さまざまの非人間的扱いを受け、6000人余りが異郷で亡くなった。強制連行中国人の悲惨な境遇は日本軍国主義の侵略戦争の縮図として、双方で永遠に銘記すべきものだ。

今年は強制連行中国人の遺骨発掘60周年にあたる。われわれは殉難者の悲惨な境遇を振り返り、哀悼の気持ちを表すと同時に、侵略戦争の残酷さ、平和・友好の貴さを一層深くかみしめている。中日両国は共に、歴史を鑑とし、未来に目を向ける精神で、過去の不幸な歴史を正しく認識し、歴史の教訓を深く汲み取るべきで、決して痛ましい歴史を繰り返してはならない。

現在、中日関係は新たなスタート地点に立ち、新たな発展のチャンスを迎えている。両国国民はいま手を携えて戦略的互恵関係を推進し、中日の平和共存、代々の友好、互恵協力、共同の発展の実現に努めている。われわれは、せっかく得られたこの局面を大いに大切にし、たえず発揚し光り輝かせて、両国国民の根本的利益の実現に役立てるとともに、強制連行中国人を含むすべての戦争犠牲者の霊を慰めるようにすべきである。

この数十年間、日中友好宗教者懇話会と中国人俘虜殉難者慰霊実行委員会に代表される日本の広範な友人、特に仏教界の友人と在日華僑は道義と良識にのっとって、殉難者の遺骨を捜し、掘り起こし、送り届けるために心血を注ぎ、中日の永遠の不再戦と子々孫々の友好のためにたゆまぬ努力を払ってきた。日本の仏教界は早くも1950年代に、10余回にわたって遺骨を収集、送還しており、その義挙は周恩来総理の高い評価を受けた。この機会を借りて、日本の古い世代の友人と在日華僑に心からの敬意を表する。同時に今回の慰霊活動が、両国人民が歴史を振り返り、平和を祈願する厳かな行動となるだけでなく、双方が交流を深め、友誼を増進する重要な契機になるよう期待し、またそうなるものと信じている。

最後に、強制連行された殉難同胞を再度深くしのぶとともに、両国の代々の友好、共同の発展を心から祈るものである。

5. 日本国籍華人 - January 1, 2010

小泉首相の靖国参拝問題について 王毅大使がメディアの質問に回答

2005/10/24

 小泉首相が靖国神社を参拝してから、日本のメディアは一様に関心をし、いくつかの問題を提起している。そのことについて、王毅大使は次のように語った。

 一、小泉首相が靖国神社に参拝し、中国側が強く反発しています。「適切に判断する」と繰り返してきた首相の今回の靖国参拝について、改めて見解をお聞かせください。

 靖国神社問題の核心は、A級戦犯が祭られていることです。

 33年前に中日が国交を回復した時、日本政府が、かつての侵略戦争の責任を痛感し、深く反省すると表明しました。それに対して、中国政府は、あの戦争の責任が少数の軍国主義者にあり、普通の日本国民も被害者であったという立場をとりました。。それをもって中国は戦争賠償の請求を放棄し、両国の国交が回復できたわけです。これは両国関係の原点とでも言えるでしょう。

 いわゆる少数の軍国主義者は誰であるか、時の軍部の責任者で、東京軍事裁判でA級戦犯として裁かれた人々がその象徴的な存在であります。彼らはほとんど対中侵略戦争に深く関わり、例えば、うち4人が関東軍参謀長であり、3人が何々方面軍の司令官をも担当していました。その戦争の中に、数え切れない中国人が苦しめられ、殺されていました。

 A級戦犯が靖国神社に祭られている以上、日本の総理大臣が参拝しに行くと、客観的な結果、あるいは対外発信として、あの戦争の正当化、A級戦犯の美化ということになります。日本の総理大臣は国の代表であり、私的参拝と言おうと、参拝の形式を変えようと、その政治性が否定できるものではないし、日本政府として、あの戦争に対して、どういう態度をとるかの象徴となります。そして、靖国神社自身は明らかにかつての日本対外侵略を肯定し、A級戦犯たちを賛美する立場、いわゆる“靖国史観”をとっています。日本の最高責任者が参拝すると、靖国神社の政治姿勢と歴史観に同調すると思われても仕方がありません。

 私たちは小泉首相の今年8月15日の「歴史を反省する」談話を評価しております。しかし、靖国参拝という行動で自分の述べたことをみずから否定しているように見えます。アジア近隣諸国はその参拝の行為を見て、本当に日本が誠意を持って先の戦争を反省しているのかと疑わざるを得ません。ことに、今年は戦後60周年という敏感な年であり、日本の指導者があえてA級戦犯が祭られている靖国神社を参拝したことが、戦争被害国の国民の心、とりわけ最大の被害国、中国国民の心をもう一度深く傷つけたことになります。

 二、一部の日本人は、中国が政治的目的をもって、首相の参拝に反対している、A級戦犯の問題が解決されたとしても、中国側がまたB、C級の責任問題を持ち出す、あるいは、靖国問題が解決されても、中日関係が大きな改善が見込めないと見ています。それについて中国側がどう考えていますか?

 率直に言って、それらの疑念にはいろいろな誤解があるか、一部の人がわざとそのような論調を持って、靖国参拝に固執するための理論付けをしようとしています。中国は1985年、A級戦犯が靖国神社に祭られているのが世界に知られた時から、日本の指導者の靖国参拝に反対してきました。時は冷戦下で、“中日蜜月”と言ってもよい時期でした。この中国の立場が今日まで、いささか変わっておりません。どうしていまになって、政治利用になったというのでしょうか。

 B・C級戦犯の問題については、中国側がずっと外交問題にしなかったのです。中国は建国当時、約千名近くのそういう戦犯を旧ソ連から手渡され拘留したが、当時、中国の指導部の意志で人道的な待遇を与えたわけです。そのとき、中国はまだ貧しく、ご飯をまともに食べられなかったが、しかし、日本人がお米が好きだということで拘留所の中国人のスタッフがまずい高粱を食べて、貴重な米を日本の戦犯に食べさせました。そして彼らにあの戦争の侵略性と残虐性を認識させるのに努めました。彼らの多くは、それによって自分が鬼から人間に復帰したと感想を述べています。1959年から1964年にかけて、われわれはすべてのB、C級戦犯を釈放し、日本に帰国させました。ですから、A級戦犯の問題が解決されても、またB・C級戦犯のことを持ち出すという言い方がまったく根拠がないし、中国側の政策でもないのです。

 当面、中日関係はいろいろな問題が存在しております。しかし、靖国参拝問題が中日関係を影響する最大な原因であることを中国の国民が一般的に認識しております。言い換えれば、靖国問題が中日関係全般を妨げるネックとなっております。この問題を乗り越えていけば、中日関係の雰囲気が一挙によくなり、両国政治関係が全面的に改善され、指導者の間の基本的な信頼も回復され、トップ級の会談あるいは相互訪問にもつながっていきます。そして、一連の具体的な問題の解決の糸口も見出されるでしょう。

 三、先日の小泉首相の靖国参拝は中日関係にどんな影響を及ぼすと考えていますか?

 すべての隣国との善隣友好関係を目指すのは中国外交の基本方針であります。中国政府と歴代の指導者が、日本を最も重要な隣国の一つとして、ずっと重要視し、両国関係を大切にしてきました。さきの戦争が終わって60年もたった今、われわれは歴史問題が再び両国関係の障害になることを目にしたくありません。“歴史を鑑にし、未来に向ける”という、つまり前向きな方向を再三提唱しています。

 今年は戦後60周年に当たり、靖国神社問題は今まで以上に敏感になっています。日本国内の多くの民衆、中国をはじめアジアの隣国の国民が今年こそ参拝に行かないように、8・15の反省の談話の精神を行動をもって示されることを期待していたのです。しかし、首相のいわゆる「適切判断」が靖国神社への再度の参拝でした。日中友好を重視すると再三表明されていますが、あえて13億の中国国民の最も目にしたくないことをして、その悲惨な戦争の記憶をもう一度思い出させることが、隣の国の民衆が喜んで受け入れることが到底できないのです。そして、参拝その日の朝、ちょうど中国の有人宇宙船「神舟六号」が成功裏に帰還されるときでした。中国が国民こぞって祝っている最中、世界各国から祝賀を送られている中で、隣人の日本からの「プレゼント」は、なんと靖国参拝でした。参拝自体が33年前の中日国交正常化の原点が覆されそうになりますので、いろんな意味で両国関係にマイナスな影響を及ぼすことになるでしょう。

 四、今後の日中関係の発展のキーワードは何ですか、いかに日中関係の困難な現状を打開し、回復させるでしょうか?

 まずはやはり日本の指導者の靖国神社参拝と言うネックになっている問題を善処する必要があります。中日関係がいわば二度目の関係正常化が必要になっていると語る人がいますが、私はやや同感です。要するに戦後の中日関係回復の原点をもう一度振り返り、その原則にのっとり、未来に向ける新しい中日関係の枠を作ることです。

 そのもとで、私はさらに次のいくつかの努力を払う必要があるように思います。

 一つ目は、新たな相互理解を深めることです。国交正常化33年来、中国と日本はともに大きく変化しました。また古いイメージで相手国を判断したら、ややもすれば間違いになります。お互いに相手の変化を正確に認識し、新たな相互理解を作ることが非常に大切であります。 

 二つ目は、戦略的判断を間違えないことです。長い目で見れば、中国の発展は日本に対し脅威にならなく、日本も中国の脅威ではないと思います。双方はいっそう信頼関係を増進し、友好協力を深める必要があります。

 三つ目は共同利益を探求し、絶えず拡大することです。新しい時代において、中日の間にはさらに新たな共通利益を見出せると思います。たとえば、双方が環境保全や省エネなどの分野で協力を強化し、共同発展と繁栄を図っていくとか、朝鮮半島非核化の実現、核問題の平和的解決のために協力し合い、さらに北東アジアの恒久平和を築き上げていくことがあげられます。そして、中日はともにアジア地域協力を推進し、東アジア共同体とアジア一体化を実現させる責務があります。

 五、これからはアジアの時代だと言われますが、日中両国はアジア地域協力の主導権を争っているとの見方もある。この問題についてどう見ていますか。

 確かにアジアの地域協力は歴史的発展のチャンスを迎えています。東アジアがその中で大きな役を演じるでしょう。そして、ASEANがその協力の重要な推進力である一方、東アジアのGDPの87%を占める北東アジアが、成否の鍵を握っていると言えるでしょう。中、日、韓三カ国の協力が非常に大切になってきます。

 中日が東アジア地域協力で主導権を争うとは思いません。まず、中国はASEANが引き続き主導的役割を果たすことを支持します。それと同時に、日本が東アジア地域協力にもっと貢献することをわれわれが歓迎し、むしろ、もっと日本が建設的な役割を果たすよう期待しております。中日両国はそれぞれ強みを持ち、互いに補完し、力を合わせ、共に利益を獲得することが十分可能です。また、アジア地域協力のプロセスは開放的になるべきであり、地域内の協力を構築するとともに、アメリカを含め、数多くの域外の関係国との緊密な対話と必要な協調を続けていく必要があります。みんながwin winすることですから、主導権争い云々の話は切り捨てるべきだと思います。


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: